2008年05月27日

ガイナーレ応援定期

まずは、こちらの記事から引用しましょう。

山陰合同銀:定期預金でガイナーレ応援 0.1%分をSC鳥取に寄付 /鳥取(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)

 ◇全店で来月2日から
 山陰合同銀行(松江市)は26日、サッカー・JFLのガイナーレ鳥取を支援する「地域貢献型定期預金」の取り扱いを始めると発表した。同行では初の試みで、集まった預金の0・1%相当額をチーム運営会社「SC鳥取」に寄付する。6月2日から全店で受け付ける。
 同行によると、県のシンボル的な存在のガイナーレ鳥取に対し、住民が直接、貢献できる仕組みを作ったという。
 「ガイナーレ応援定期」と名付け、対象は個人、法人を問わない。預金は10万円以上で、期間は1年間。300万円未満の場合、年利は0・3%になる見込み。通常の定期預金の利率と変わらず、預金者の負担はない。今年9月末までか、預金額が100億円に達した時点で終了する。
 同行は同様の「石見銀山定期」も始める。こちらは0・1%分を島根県の「大田市石見銀山基金」に寄付する。【小島健志】

5月27日朝刊
(上の記事から引用)


よくあるタイプの定期預金ですね。
それをスポンサーの1つである山陰合同銀行がやろう、という。

面白い試みだと思いますよ。

お金に余裕のある方は、どうです?


ちなみに、島根県向けと思われる「石見銀山定期」というのも
同時期に始めるみたいですよ。
posted by KAZZ at 20:31 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。