2008年05月18日

大勝はしたものの・・・

JFL 2008 前期第12節
@とりぎんバードスタジアム
ガイナーレ鳥取51-01FC琉球
4-1
【得点】
15小澤竜己
24原島喬
15小澤竜己
14吉野智行

11秋田英義
時間
前21'
後00'
後08'
後15'
後20'
後29'
【得点】




15大河原亮
テクノラティ タグ:


<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発)
GK: 1井上敦史
DF:20冨山達行、 7戸田賢良、16小原一展、19田村和也
MF:10実信憲明、 4アドゥール、14吉野智行、24原島喬
FW:11秋田英義、15小澤竜己

(サブ)
GK:23太田弦貴、DF:31尾崎瑛一郎、 8中垣雅博、MF: 6小井手翔太、13堀池勇平、FW:27釜田佳吾、22増本浩平
(サブの出場なし)

<FC琉球のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1野田恭平
DF:15大河原亮、 3三好拓児、 6栗田泰次郎(HT→17エメ・ラヴィ)
MF: 5澤口雅彦、 8中島俊一(後11'→10平松康平)、20高松健太郎(後27'→18中村友亮)、14林田光佑、 7秦賢二
FW:33山下芳輝、30デュド・ミヌング

(不出場サブ)
GK:92ライス・エンポリ、MF:19儀間康太、26鎌田安啓、FW:16黒田福太郎

<警告>
鳥)11秋田英義(前40'・繰返違反)、 4アドゥール(後19'・ラフ)
琉) 6栗田泰次郎(前15'・反スポ)

<退場>
鳥)なし
琉)なし

<審判団>
主審:穴井千雅、副審:小林久之・河井敏行、第4審:鳥越誠

<観客数>
2,083人

<ガイナーレ鳥取の2008年JFL成績(前期第12節終了時)>
4勝2分6敗 勝点14 得点20 失点16 得失点差+4 第12位

<試合概要(@ガイナーレ鳥取公式サイト)>
http://www.gainare.net/site/page/gainare/news/5018info/

<次節の対戦カード>
JFL前期第13節 vsFC刈谷(5/25 13:00 @名古屋港)


まあ、大量得点で勝ったってことはいいんですが、
それよりも解せなかったのは後半途中、特に後半30分を過ぎた辺りから。

相手のあまりの守備のお粗末さプラス前掛かりに出てきたことの作用で
4点のリードを得たことに安心したのか、
急にサッカーがスピードダウンすると共に、
交代投入された元清水の平松康平に好き勝手やられても
何らまともな抵抗すらできない守備陣を見ていたら、
どうにも違和感が消えなかったんですよ。

その時間帯には例によってカニ歩きみたいなパス回しが始まり、
途中までは見違えるほど動けていたはずの選手たちが、
打って変わって動きが緩まってしまう始末。

そんな中、平松がやたらと活発に動き回っているのを見て、
何度肝を冷やしたことやら。

だから、試合終了時に爆発するように喜んでいる周囲を見ても、
「それで本当に喜べるの?」という気持ちしか湧いてこなくて、
何だか別の世界に放り込まれちゃったような感じでした。

こんな風に、勝っても素直に喜べなかったなんて初めてのことですが、
考えてみれば、それだけ鳥取のマズい面を見てきてしまっているわけで、
まだたかだか4勝目では安堵なんてとてもできませんでした。

鳥取はこれまでに比べればよく動いていた方でしたが、
それでも前半にもうちょっと何とかできたはずなのに、僅か1点止まり。
前半、相手はショット1本で、こちらは9本も打ったのにですよ。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、本当のことです。
(ちなみに後半は鳥取6、琉球5)

でまあ、後半バカスカと得点ラッシュになりましたが、
そんな中でも忘れずに(?)失点はする体たらく。
これも違和感の原因の1つかもしれません。

琉球は、要注意かと思っていたデュド・ミヌングが全然で、
山下はまあ悪くなかったものの、栃木時代よりやや怖さが薄れた印象で、
それよりも平松がとにかくフリーに動き回っていて、
そっちの方が断然怖かったですよ。

琉球に誤算があったとしたら、前半せっかく風上のエンドを取ったのに
それをまるで活かそうとしなかったこと。
もっと縦一本でドカドカ攻めてくるものだと思っていたら、
きれいにつなごうとでも思ったのか、そうした動きはまるでなく、
このおかげでかなり助かったとも言えます。

まあ、交代枠を1枚も使わずにゲームを終えた辺りに
ヴィタヤの新機軸を感じないわけでもありませんでしたが、
だからといって、根本的な問題は何も解決していないわけで、
この辺をうまく仕上げていかないと、まだ道程は遠いでしょう。


何にせよ、この試合の反動を最小限に食い止め、
且つこの試合で見せた勢いを持続、いや、増大させるためには、
今後1週間でどこまで自分たちを追い込んでいけるかが
最も重要なファクターになると感じます。

そのためには、全員がゴールへの意識をしっかり持って
今日の途中までのように動き回っていける力を付けることが
非常に重要なことだと思うんですが・・・。



・・・あと、試合後の万歳四唱。

あれは、いくらテレビ局との約束があったとはいえ、
(ちなみに当初の約束では四唱どころか十唱だったんですが)
止めといた方が良かったような気がしますけどね・・・。
posted by KAZZ at 23:56 | 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
昨日の試合に関して。
相手DFがぬるかったとはいえ、秋田、小澤の
コンビネーションが良かった。
私も秋田には苦言を呈してきましたが、昨日は
攻守にわたり大活躍。 少しは見直したぞ。
序盤から小澤の運動量には目を見張るものが
ありました。 縦パスで相手の裏を取って
真ん中で勝負出来てましたしね。
やっぱりサイドばかりに固執せず単純に縦一本を織り交ぜたほうがいいんじゃないかな。
そのほうが小澤に合ってるだろうし。
すばらしい出来でしたが欲を言えば前半のキーパーと一対一の場面は決めて欲しかったかな。
驚異と見られていたミヌングには戸田がきっちり
マークして仕事をほとんどさせなかった。
ヘディングはほぼ競り勝ってましたしね。
山野氏から指摘されてた玉際への競り合い、セカンドボールを先に取ることが一応出来てましたね。 短い間ですが少しは修正されてたのでは
ないでしょうか? 

残り十分のグタグタ振りは相変わらずでヒヤヒヤ
モノ。 やっぱりあのへんは体力不足スタミナ不足なんですかね。 まあそれでも気力だけでなんとか危険な時間帯を無失点で抑えれたのだから
少しは進歩したと見ていいかも。
とにかく残り十分を動ける体力を日々の練習できっちりつける事。 原島みたいに自転車で練習場に通ったりしてみたら選手のみなさん??

あと試合後の万歳について。
俺が思うに吉野だって「次勝ったくらいでそんな
気分になれない・・・」って思ってたはずだよ。
でもね、生放送のあの場面でだれだって断れないでしょ普通。  それを知ってたのかどうかわからんが(たぶん事前に知ってたと俺は思ってます)スタジアムアナが機転を利かせて4唱にしたのは良かったんじゃないかな。
今回だけのサプライズという事で俺は納得。
逆に何もしなかったら某局に苦情が来る事間違いなしでしょ。 
万歳10唱は昇格の時に取っておくということで
・・・・。

今回結果は出しましたが、一点差ゲームだとやはり不安の残るガイナーレ。 
もう日々の鍛錬あるのみ、みっちり密度の濃い
トレーニングを積んで万全の体制でFC刈谷戦
に望んで欲しい。 
Posted by かとちゃん at 2008年05月19日 19:45
勝ったとは言うものの、まだ安心はできないと感じましてね。
今も基本的には同じ気持ちです。

>相手DFがぬるかったとはいえ、秋田、小澤の
>コンビネーションが良かった。

前々節でよほど悔しい思いをしたのか、この日の、特に小澤はキレキレでした。
秋田もようやくスタートラインに立てたんじゃないでしょうか。

小澤の出来は、自身で挙げた2得点を含む4点に絡んだことからもわかるように、文句のつけようがないものでしたね。

>やっぱりサイドばかりに固執せず単純に縦一本を織り交ぜたほうがいいんじゃないかな。

小澤だけでなく、他の選手にとっても、その方がやりやすいんじゃないかと感じます。

>驚異と見られていたミヌングには戸田がきっちり
>マークして仕事をほとんどさせなかった。
>ヘディングはほぼ競り勝ってましたしね。

戸田の仕事ぶりも良かったんですが、何よりミヌング本人の出来が悪すぎました。
あれで本当に得点ランキングの上位にいる選手なのかと思えるぐらいに。

>山野氏から指摘されてた玉際への競り合い、セカンドボールを先に取ることが一応出来てましたね。 短い間ですが少しは修正されてたのでは
>ないでしょうか?

欲を言えば、90分間気を抜かずに続けてほしかったのですが、それを除いても球際へのアプローチや、セカンドボールに対する主導権の取り合いでは、一定の向上が見られたと思います。

>残り十分のグタグタ振りは相変わらずでヒヤヒヤ
>モノ。

きっと、大量リードで気が緩んじゃったんでしょうね。
でも、最後まで何があるかわからないのですから、そこは何とかしてほしかったです。

>俺が思うに吉野だって「次勝ったくらいでそんな
気分になれない・・・」って思ってたはずだよ。
>でもね、生放送のあの場面でだれだって断れないでしょ普通。

私はあの日のニュースを見ていて、福浜アナがその話題を振った時、断ったら吉野は男を上げるだろうなと思ったんですが・・・。
現状に危機感を抱いていたら、そこはやはり断りますよ。たとえアナウンサーがリップサービスでそう言ったとしても。

>それを知ってたのかどうかわからんが(たぶん事前に知ってたと俺は思ってます)スタジアムアナが機転を利かせて4唱にしたのは良かったんじゃないかな。

田子氏は当然知っていたと思いますよ。それが独力で知ったのか、ロンド氏経由で知ったかは別にして。
ただ、盛り上げには寄与したと思いますが、まだシーズンが終わってもいない上に、上位との差が縮まってもいない現状で、そんなに浮かれてもいられないだろう、とは思ったんですが。

>逆に何もしなかったら某局に苦情が来る事間違いなしでしょ。

どうでしょう? そこまでする人もいないと思いますが・・・。
でもまあ、案外とそういう人もいるかもしれませんね。

>今回結果は出しましたが、一点差ゲームだとやはり不安の残るガイナーレ。
>もう日々の鍛錬あるのみ、みっちり密度の濃い
>トレーニングを積んで万全の体制でFC刈谷戦
>に望んで欲しい。

まだ課題は積み残されたままですから、今後1週間で何処まで今回の勝利の勢いを継続しつつ、課題を1つでも多く克服できるかが重要になります。
そのためにも、日々緊張感を持って練習に臨んでもらって、ここから更に勝利を重ねていってもらいたいものです。
Posted by KAZZ at 2008年05月19日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。