2008年05月01日

続・西村主審暴言問題

J1主審暴言問題、「して」を「死ね」と聞き間違い?(讀賣新聞)
J1:「死ね」は「プレーして」? 暴言問題で協会が聴取(毎日.jp)
「死ね」発言あった! 大分、報告書提出(iza!)


結局どっちなのか、という。


ちと整理してみましょう。

【西村主審の言い分】
・「死ね」などとは決して言っていない。
・「うるさい、黙ってプレーして」とは言った。

【大分及び上本の言い分】
・最初の抗議の際、「うるさい、黙ってプレーしておけ、死ね」と言われた。
・終了後の抗議の際、「お前は黙っとけ! イエローカードを出すぞ」と言われた

【報道】
・西村主審は「うるさい、お前はあっちに行ってろ」と言ったことは認めた(日刊スポーツ)
・FC東京の某選手は「(西村主審は)間違いなく言っていました」とコメント(日刊スポーツ)
・上本が協会に報告する旨を告げると、西村主審は「また、お前か。うるさい! 引っ込んでいろ」と言った(スポーツ報知)

【参考記事】
西村主審が大分選手に暴言「死ね」/J1(日刊スポーツ)
主審が「死ね」…ラフプレー抗議の選手に逆ギレ(スポーツ報知)


言った言わない論に特化すると、こんな感じですが、
敢えてそちらからちょっと離れて考えてみましょう。

要は、聞き違いがあったかなかったかよりも、
選手・主審の双方が興奮してしまってはダメなのでは、ということ。
西村主審はこの場合、やはり、
ある程度の冷静さをキープしておくべきだったのかもしれません。

そして、上本。
実際の話、選手が審判に対してあまり極端に抗議した場合は
警告の対象にもなり得るのですから、
そこはもう少し自重があっても良かったんじゃないかと。

まあ、なるほど「(プレー)して」を「死ね」と聞き間違えたという
西村主審側の言い分は、それはそれとして理解できるのですが、
興奮状態の中で上本がそれを「死ね」と受け取ったかもしれないとなると、
もう少し別の言い回しがあっても良かったのかな、とは思えます。


恐らく、選手・審判双方の信頼関係が不在のまま、
今回のケースは起きてしまったのかもしれません。

この辺は大きな反省材料になりそうな気がします。
posted by KAZZ at 20:40 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。