2008年04月09日

SHINE A LIGHT、まずはサントラから



(左からSHM-CD盤、通常盤、輸入盤)


早速買ってきました。

買ったのはSHM-CD盤。
音の違いは通常盤を買ってないので比べようもないのですが、
音抜けの良さは感じられました。

あと、全般的に迫力のある音像という印象です。

では、各セットで目立つ曲を以下に列挙してみましょう。

<ディスク1>
SHE WAS HOT
 この曲を発掘してきた経緯はわかりませんが、またえっらい地味なヒット曲(でもPVは派手)を持ってきましたよ。引き出しの多いバンドだと改めて実感しますね。
 曲自体はライヴ映えするイメージのある曲だったので、そのうちライヴで取り上げたらなと思っていましたが、この時期に取り上げてきた辺りに選曲の妙を感じます。


LOVING CUP」(with Jack White III)
 ジャック・ホワイトを連れてきてこれをやる辺りに、彼らの粋を感じますね。

AS TEARS GO BY
 これまた意外な曲を・・・。スタジオ盤ではアコギとストリングスの演奏ですが、ここではドラムスなども入って、なかなかソリッドなアレンジにしていますね。

SOME GIRLS
 同名アルバムのタイトル曲ですが、これまた意外な選曲だなと。非常にネチっこい「らしい」アレンジになっております。
 そういえば、ここから3曲連続で「SOME GIRLS」のナンバーが続くんですね。


CHAMPAGNE & REEFER」(with Buddy Guy)
 バディ・ガイを迎えてのラフでタフなイメージのブルーズ・ナンバーです。ビーコン・シアターという比較的小さめのハコにピッタリの、タイトな演奏がさすがの貫禄です。

CONNECTION
 スタジオ盤はミックが歌うんですが、ここではキースが歌っております。とくれば、キースの「Live at Hollywood Paradium 1988」でのキースの名演を思い出すわけですが、それに準じたアレンジになっているようです。

<ディスク2>
LIVE WITH ME」(with Christina Aguilera)
 本作最大の白眉と言える曲かもしれません。クリスティーナ・アギレラを迎えての大熱演ですよ。しかし、この切り口は少々意外でしたね。

(I CAN'T GET NO)SATISFACTION
 ちょっとミスタッチ気味な部分もありますが、なかなか迫力のある演奏だと思います。

PAINT IT, BLACK
 スティール・ウィールズ・ツアーの時とは、切り口を少し変えたアレンジになっています。

UNDERCOVER OF THE NIGHT」(Bonus Track for JAPAN)
 これは日本盤にしか入っていないボーナストラックなんですが、これまたスティール・ウィールズ・ツアーの時とはちょっとばかり切り口を変えてアレンジしてきてます。なかなか面白いですよ。

I'M FREE
 意外と取り上げられる頻度の多い曲です。近年では「STRIPPED」での演奏が有名ですが、その後もコンスタントに取り上げているんでしょうか。

SHINE A LIGHT
 で、今作のタイトル曲がラスト。アレンジは比較的凡庸ですが、さすがの出来です。


とまあ、ディスク1に全14曲(実質13曲)、
ディスク2に全11曲(実質10曲)の、計25曲が入っています。
どちらかというと、ディスク1がライヴでは比較的馴染みの薄い曲、
ディスク2が逆にライヴで馴染み深い曲が、それぞれ多く入ってます。

ちなみに、このサントラの本体となる映画は、
今年の冬に日本で公開されるんだそうです。
そちらの方は、御存知、マーティン・スコセッシが監督したものです。

このアルバムを聴きながら、
映画の公開を待っておくのも悪くないかもですよ。
posted by KAZZ at 20:00 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE ROLLING STONES このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。