2008年04月07日

メイショウサムソンの落日

昨日の産経大阪杯(G2)、勝ったのはダイワスカーレットでした。

ダイワスカーレット“圧逃”発進…大阪杯(スポーツ報知)

負かしに来たエイシンデピュティやアサクサキングスを振り切って
堂々と勝ちきったのですから、文句はないでしょう。

今後はヴィクトリアマイルを視野に入れて調整するようですが、
この分なら、海外遠征しても面白いかもしれません。
隙もないし、死角も見当たらない印象です。


一方、本命と目されたはずのメイショウサムソンは6着敗退。

メイショウサムソン6着、牡馬最強に陰り…大阪杯(スポーツ報知)

レース中も何処にいたのかと思うぐらい、
まったく目立たないまま6着に沈んだ様子を見る限り、
この馬のピークは、もう過ぎてしまったのかなと
こう思わざるを得ません。

何より、ダイワスカーレットに対して
何一つ見せ場を作れないまま完敗してしまったことが大きいです。
いくら59kgを背負っていたとしても、です。

鞍上交代がどうとかいう以前の問題で、
馬から闘志が見えてこないのかもしれません。

だとしたら、晩節に傷をつける前に
現役を去らせてあげた方がいいような気がするのですが・・・。
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。