2005年11月09日

天皇杯4回戦残り試合結果と5回戦組合せ

ナビスコカップ決勝進出組の2試合がありました。
両者、下克上寸前まで追い詰められました。

天皇杯4回戦組合せと結果(11/9の19:00キックオフ分)
スコア会場
ガンバ大阪J11-0横浜FCJ2万博
勝敗のみ
当たり
3-3
7PK6
<得点>
G大阪)山口(55')、大黒(89')、三木(119')
横浜C)内田(19')、久保田(52')、小野信(94')
<寸評など>
これがVゴール方式だったら・・・、と思ったフリエサポの人は多かったのではないかと。いや、まあG大阪の驚異の二枚腰とでも言うんでしょうか。90分で勝とうという寸前に大黒に同点弾を決められ、延長前半に勝ち越して今度こそはと思ったら、延長後半終了間際に三木のゴールでPK戦ですからね。
G大阪もナビスコカップのPK戦でしくじってるだけに、同じ失敗を二度も繰り返せないという気持ちがあったと思いますし、横浜FCの方は勝機を二度も逃したことで、最後の最後に緊張が切れたのかな、という気がします。
でも、横浜FCは大健闘したと思いますよ。私は今日の彼らを立派だと思いますね。
ジェフユナイテッド
市原・千葉
J132ヴァンフォーレ甲府J2市原
当たり
32
<得点>
千 葉)工藤(36')、巻(66')、水野(112')
甲 府)バレー(44')、長谷川(60')
<寸評など>
こちらももつれました。ただ、ナビスコカップ優勝でやはり千葉に若干ですが勢いがあったような気はするんですよ。その差なのかなあ、と。
甲府もJ2で2位争いの直中にいるんで、ここを勝って弾みをつけておきたかったんですが、千葉の方が一枚上手だったんでしょう。
いやあ、残念だなあ。甲府を初めて見られるチャンスだったのに。


さて、これで5回戦組合せが確定です。

鹿島アントラーズ − 大分トリニータ(カシマ)
名古屋グランパスエイト − 大宮アルディージャ(日本平)
浦和レッドダイヤモンズ − FC東京(愛媛県陸)
横浜Fマリノス − 川崎フロンターレ(長崎県陸)
ガンバ大阪 − 柏レイソル(神戸ウイング)
ジェフユナイテッド千葉・市原 − セレッソ大阪(鳥取バード)
ジュビロ磐田 − アルビレックス新潟(ヤマハ)
サンフレッチェ広島 − 清水エスパルス(広島ス)

というわけで、バード行きはどうしましょう?
オシム翁の御尊顔を拝みに行くべきなのでしょうか。

とりあえず、現時点では未定です。
posted by KAZZ at 22:22 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
 バードは好カードになりましたね。

 たぶん、その頃は余力がなくて行けない可能性が高いです。というわけで、僕も未定です。

 いやぁ、僕も生オシムを見ておきたいものです。

 あと気になるのが天気ですね。この時期のバードでの天皇杯は寒いという印象しかないです(^^;。
Posted by 和田浜 at 2005年11月11日 20:16
甲府−Honda FCだったら
何があろうと見に行ったのですが(笑)

#甲府の安間コーチは古巣との対決になります。

>あと気になるのが天気ですね。

雪に降られるようなことはないと思うのですが(笑)
アウェイ側ゴール裏で
吹雪を顔面にもろに受けたことは今も忘れませんよ。

もし行くのなら、私はたぶん千葉側ゴール裏に行ってると思います。

#思えば、バードでの初ゴール裏はジェフ市原(当時)でした。
Posted by KAZZ at 2005年11月11日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。