2008年03月28日

武豊もアンカツも藤田もいない高松宮記念

武豊もアンカツも、そして藤田も、全員ドバイにいるんですよね。
ということで、これら3名手がいない高松宮記念ですが・・・。

第38回高松宮記念(GI) 枠順(Yahoo!スポーツ)

サンデーサイレンス若しくはその系統に属する馬が
やけにたくさんいるような気がしますね。

ちょっと列挙してみますと・・・

1枠1番 スズカフェニックス(父SS)
1枠2番 プレミアムボックス(父アドマイヤベガ)
2枠4番 ファイングレイン (父フジキセキ)
3枠5番 マルカフェニックス(父ダンスインザダーク)
3枠6番 キョウワロアリング(父SS)
4枠8番 リミットレスビッド(父SS)
5枠10番 キンシャサノキセキ(父Fuji Kiseki=フジキセキ)
6枠11番 ペールギュント  (父SS)
7枠15番 トーセンザオー  (父バブルガムフェロー)
8枠18番 タマモホットプレイ(父フジキセキ)

・・・と、全体の半数以上に当たる10頭が
サンデーサイレンスかその流れを汲む血統のお馬さんです。
これに、母の父がSSまたはその流れを汲む血統となると・・・

5枠9番 フサイチリシャール(母の父SS)
6枠12番 プリサイスマシーン(母の父SS)
7枠13番 マイネルシーガル (母の父SS)

と、合計13頭が父母どちらかにSSの血を持っているという
凄いんだか何だかわからない状態に・・・。


・・・でまあ、いろいろ考えたんですが、
ここは一つ、8枠16番のローレルゲレイロからでどうかな、と。

最近、この馬、やけに調子がいいじゃないですか。
しかも、父のキングヘイローはこのレースの勝ち馬ですし。
主戦の藤田でなく四位が乗りますが、
四位は前走の阪急杯でもこの馬に乗っていますし、
しかもそれで勝っているんですから、特に問題はないでしょう。

対抗はペールギュントとファイングレイン。
押さえにスズカフェニックスとキンシャサノキセキ、
要注意はスーパーホーネットかな、と。
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(予想) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。