2008年03月07日

家本問題

ナゾ裁定…家本審判国際試合はOK(スポーツニッポン)
ゼロックス杯で不可解判定の家本主審に“無期限出場停止”(サンケイスポーツ)

こないだのゼロックススーパーカップの混乱の元凶とされた
スペシャルレフェリーの家本政明氏が、
しばらくJでの試合を裁けないことになりました。
ただ、スポニチの記事にもあるように国際試合に関しては
AFCから要請があれば裁くことは可能なようで、
この点に若干問題は残るようですが、とりあえずは
サテライトリーグやJFA内での研修などで
最低でも3ヶ月以上はJの公式戦でのレフェリングはできなくなるようです。


ところで、サンスポの記事の中に家本氏の弁明ってのが載ってますが、
これを読む限り、全面的に家本氏を非難するのもどうかと考えられます。

ということで、サンスポに載った家本氏の弁明を引用してみます。

★家本主審が“弁明”

 家本主審は審判委員会の会見に自身の希望で同席。審判としては異例の“弁明”を行った。PK戦での2回のやり直しについて、鹿島GK曽ケ端へ事前に「早い動きがあればやり直させる」と通達していたことを明かした。さらに「岩政選手を退場にした後、心の揺らぎを抱えながら試合してしまった」と反省を口にするとともに「私は人一倍強い正義感を持っている。ルールにのっとっていない行為を受けたチームがマイナスになるのは許せない。ぼくが正しいと思っても、本当の正義であったとしても、周囲に理解されずに残念というのもある」と自身の固い信念を吐露した。
(サンケイスポーツの記事から一部引用)


家本氏に限らず、サッカーの審判はその根底に
程度はともかく正義感があることは論を待たないんですが、
家本氏の場合は、時としてそれが強く出過ぎてしまうことにより、
カードの乱発や試合の流れの寸断につながる傾向があるようです。

私もこれまでに何度となくJFLを中心に試合を観てきてますが、
家本氏よりも更に疑問符がつくようなジャッジを平気でやる
そんな主審を何人か知ってます。

Jリーグでも、家本氏以外に、例えばK・J主審なんて人がいますが、
この人は相当なジャッジをする人で、湘南ベルマーレも
このKのジャッジで昨季、痛い目に遭ったことがあります。

JやJFLの主審もピンキリですが、
いずれの主審にも言えることは、根底にある正義感を
どのように発露しながらジャッジしたら、試合がまともに流れるかを
今一度考えてみたらいいんじゃないか、ということです。

ファウルに対して厳格たれという昨今の方針からすると、
家本氏のジャッジングは決して間違ってはいないのかもしれませんが、
同時にJリーグはお客さんに試合を見せる興行でもあるわけで、
そこら辺を意識の片隅に入れておかないと、
カードの連発などで試合が寸断される機会が多くなり、
結果として非常につまらない試合を見せられたとなることも
十分に考えられるわけです。


ただ、その一方で、主審だけを槍玉に挙げればいいとも限りません。

例えば、こんな意見もあります。

「審判の責任にしてはいけない」東京V・ラモスED鹿島に苦言(iza!)

選手の側も、審判に不信感を抱くだけではなく、
自身のプレーが果たして正しかったのか、クリーンだったのか、
今一度思い返してみなければならないと言えます。

もちろん、明らかな誤審に対しては声を上げてもいいんでしょうが、
そうでないものにまで「イチャモン」をつけるかの如き行為は
あまりにも見苦しいと思いますよ。

良い試合は、そこでプレーする選手たちと、それを裁く審判団とが
良好な関係を築くことから始まると考えられます。

家本氏を含む審判全体と、プレーする選手たち全員とが、
お互いに良好な信頼関係を築く努力をしてこそ、
お客さんに良いプレーや良い内容の試合を提供できると思います。

今回の家本問題は、そういったことを改めて問い直す
良い機会になったんじゃないかと考えます。
posted by KAZZ at 20:51 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。