2005年10月18日

菊花賞も近いので

競馬にまつわる本を2冊御紹介しましょうか。



こういう本を御紹介してみようかと。
歴代の菊花賞の中から10レースをピックアップして、
月刊「優駿」の観戦記として書かれた文章と
当該レースに関するエピソードなどをまとめた本です。
私は個人的にはニホンピロムーテー(1971年)と
ミスターシービー(1983年)、
それにメジロマックイーン(1990年)が印象深いです。

あとは、こちら。



昨今では競馬番組のコメンテーターなどで活躍中の
かつての名実況アナ、杉本清さんの実況中の名ゼリフを集めた本です。
杉本さんの思い出も共に書かれていて、面白いですよ。
posted by KAZZ at 22:14 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ・映画・本 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。