2005年10月13日

ウクライナ戦〜不運の一言で片付けていいのか?

親善試合@キエフ(ウクライナ)

ウクライナ 1−0(0−0,1−0) 日本

<得点>
ウ)グシン(89'=PK)
日)なし

<日本メンバー>
(先発及び交代)
GK:川口
DF:駒野、坪井(89'→大久保)、茂庭、三都主(68'→村井)
MF:中田浩、中田英、稲本、中村(69'→松井)
FW:高原(HT→鈴木)、柳沢(57'→箕輪)

(サブ)
GK:楢崎、土肥
DF:田中
MF:本山

怒りを通り越して呆れたくなるほどウクライナ贔屓のジャッジだの、
それに乗じて繰り出されるウクライナ選手の反則三昧だのという
結構な不運の要素は確かにあったと思いますが、
それだけでは説明のつかない部分も多々ありました。

ことに前半。
ウクライナの6番がいいところでフリーになってて
そんなことしてたらやられちゃうぞと思ってると、
案の定、この6番を起点にサイド攻撃でガンガンくるわけです。
他にもうまくスペースを作る動きをする選手がいて、
これらのおかげでウクライナはボールを回し放題の印象でした。

ウクライナにはエースのシェフチェンコがいなかったわけですが、
彼がもしも完調でピッチに立っていたら、
2〜3点ぐらいは軽〜くいかれてた
ような気さえしましたね。

とりあえず、もう三都主は代表に要りません
あとから出てきた村井の方がずっといい仕事しますよ。

あと、松井は京都時代より逞しくなったというか、図太くなった印象です。
今、結構充実してそうですね。

中田浩二の退場劇は可哀相の一言でしたが、
よくしたもので、逆にあれでチームがアクティヴになってましたね。
ウクライナも縦にガンガン放り込むようなスタイルに固執してくれたために、
却って日本の守備陣は的が絞りやすかったのかもしれません。

ホント、停滞気味の前半とは打って変わって
後半は見違えるように大奮闘してたんですが、
あのラトビア人主審のどうしようもないジャッジに負けた感じです。
posted by KAZZ at 01:37 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

日本、ウクライナに0―1で敗北
Excerpt: あらら、やっちゃった。何も残らない試合しちゃったね。てか、シェフチェンコいないから何度となく助かってたね。こういう均衡した試合は親善試合とは言えども、先制点取って、結果出さなきゃねasahi.com:..
Weblog: [K]こあら日記
Tracked: 2005-10-13 02:56

時計ばかり(眞鍋TB)&ウクライナ戦アウェーの戦い
Excerpt: 僕も学生なんですけど授業中に時計ばかり見てるので 授業中以外に家や外に居ても時計が気になるんですよ それとあるある・ZORO・イッテQ・ぷっすまを 見まして自分は眞鍋さんにハマッテるんですよ ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-13 22:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。