2007年12月29日

第87回天皇杯準決勝結果

さて、どうなりましたか。


【77】ガンバ大阪 1−3 サンフレッチェ広島
   (予想は G大阪 0−1 広島)
 広島の快進撃は止まりません。開始直後の先制点に始まって、理想的な形で加点できたことが、現在の広島の好調ぶりをしっかりと表していると感じます。
 問題は、決勝戦で、その好調ぶりを底辺から支える柏木陽介を累積警告のせいで欠くことでしょうか。この辺をどう乗り切って優勝につなげることができるか。
 ガンバはいきなりの失点で面食らったような感じで90分間試合をしていたように思いました。


【78】川崎フロンターレ 0−1 鹿島アントラーズ
   (予想は 川崎 1−0 鹿島)
 いやまあ・・・、試合があんな感じだったんで、正直どっちでもいいかな、と。広島の方がずっとスペクタクルのあるいい試合をしていただけに、いくらJ上位同士の対決でスコアが容易に動かないとはいえ、ここまでダメな試合をされると、なんとも言えません。
 本山の決勝点だって、偶発的に決まったように見えましたし、もう少し何かやりようがあったんじゃないかなと感じました。まあ、延長に持ち込むのも有りかなと傍目からは見えたんですが、さすがに連続しての延長戦だけは彼ら自身も嫌だったような気がします。
 まあ、勝ちは勝ちなので、これはこれでいいのかもしれませんが、今のままでは広島に苦戦する可能性があるように思えます。よほどの対策を立てないと、厳しいでしょうね。
 川崎は・・・、まあ、苦しい時のジュニーニョ頼みが過ぎるようではダメだと思いますよ。マークが集中するジュニーニョを囮に使っていくような工夫が必要かと思います。



というわけで、決勝戦は、こういうカードに。

【79】サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ(01/01・14:00・国立)
posted by KAZZ at 19:13 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。