2007年12月29日

広島が決勝も勝つかもしれない

第87回天皇杯全日本サッカー選手権準決勝第1試合@エコパ

ガンバ大阪 1(1−2,0−1)3 サンフレッチェ広島

<得点>
G)18バレー(前39')
広)11佐藤寿(前00')、18平繁龍一(前38')、25高柳一誠(後44')

<ガンバ大阪のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:22藤ヶ谷陽介
DF:21加地亮、 5シジクレイ、 6山口智、13安田理大(後28'→ 8家長昭博)
MF:27橋本英郎(後13'→20寺田紳一)、17明神智和(後40'→16前田雅文)、 7遠藤保仁、10二川孝広
FW:11播戸竜二、18バレー

(出場しなかったサブ)
GK: 1松代直樹、DF: 2中澤聡太、15青木良太、MF:31倉田秋

<サンフレッチェ広島のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1下田崇
DF:28槙野智章、 2ストヤノフ(後26'→14戸田和幸)、19盛田剛平
MF: 5駒野友一、 8森崎和幸、17服部公太、 7森崎浩司(後39'→25高柳一誠)、27柏木陽介
FW:11佐藤寿人、18平繁龍一(後13'→15高萩洋次郎)

(出場しなかったサブ)
GK:21木寺浩一、DF: 3吉弘充志、MF:16李漢宰、23遊佐克美

<警告・退場>
G) 7遠藤保仁(後00'・警)、11播戸竜二(後44'・警)
広)27柏木陽介(後18'・警)

<審判団>
主審:家本政明、副審:山口博司・相葉忠臣、第4審:佐藤隆治

<観客数>
6,128名

<公式記録>
こちら(pdf)

<この結果>
サンフレッチェ広島が2008年元日に、鹿島アントラーズと決勝戦で対戦。


序盤、いきなり広島が先制点を入れたんですが、
実は、これで勝負は9割方決まったかなと思ってました。
だって、広島からしてみれば、願ってもない時間帯に
いきなり相手の機先を制する一発を決められたわけですよ。
放っておいてもガンバは焦ってくれるし、
自分たちは自分たちでその様子を見ながら
ある程度の調整をかけつつ試合を運べるんです。

まあ、2点目を取った直後の失点は余計でしたが、
その分は終盤の駄目押し点で相殺されたと見てもいいでしょう。

広島は柏木を中心に、思い切りのいい動きで
常に相手の先手を取る理想的なサッカーができたと思います。
最後まで諦めず、粘りを持ってしっかりやれたことは大きいでしょう。

逆に、ガンバはいきなりの失点でペースが狂ったというか、
最後まで自分たちのペースに持ち込めませんでしたね。
もちろん、広島のペースも良かったとは思いますが、
それ以上にガンバのペースがあまりにも悪すぎました。

マグノアウベスという選手の不在は、ここに来てデカいですね。
彼がいると攻撃のバリエーションがもっと広がるんですが、
そんな彼の首を切ってしまった以上、仕方がないことです。


さて、決勝戦。
攻守の中心を担ってきた柏木が累積警告で出場できません。
広島にとっては最大のピンチなんでしょうが、
柏木の不在さえも、逆手にとって乗り切るような気がします。

楽しみなことになりそうですね。
posted by KAZZ at 18:47 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。