2007年12月29日

第87回天皇杯準決勝予想

さて、残すところ3試合となりました。
頂点に立つのはどのチームなのか。


【77】ガンバ大阪 0−1 サンフレッチェ広島(12/29・13:00・エコパ)
 今の広島の勢いを止められるチームって、何処かなと考えてみるんですが、とりあえずガンバではないだろうと考えます。J1の余白をこの大会で埋めようと、ただそれだけしか考えていない広島を、ガンバは果たして止めることが可能なのか。たぶん無理でしょう。
 広島は、ここまで来たらもうおまけみたいなものと割り切って、残りの試合を戦うべきです。準々決勝まではそれができてるんですから、準決勝でだってできるはず。


【78】川崎フロンターレ 1−0 鹿島アントラーズ(12/29・15:00・国立)
 難しい試合になると思いますが、僅差で川崎が逃げ切ってしまうような気がします。その差は何処にあるかはわかりません。ただ1つだけ言えることは、川崎にある黒津や我那覇という切り札に対して、鹿島が持つ柳沢という切り札が何処まで有効たり得るかと言われたら、ちょっと鹿島では難しいんじゃないかと考えます。
 延長戦に持ち込めば、鹿島が若干有利な気がしますが、90分でカタがつくなら川崎に利があると思えます。
posted by KAZZ at 01:43 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。