2007年12月27日

2007湘南ベルマーレ10大ニュース

さて、では今年の湘南ベルマーレ10大ニュースでも挙げてみましょうか。

いろいろ御意見はあろうかと思いますが、
あくまでも私見であることを初めにお断りしておきます。


【01】J1昇格権を目指した戦いに参入も6位フィニッシュ
 よく頑張ったとは思いますが、もう一つ、何かが足りなかった。だからこそ、3位以内に食い込めなかったと考えます。その足りないものを来季はどう補っていくのか。開幕までの3ヶ月ちょっとが勝負になりますよ。

【02】名良橋晃、加入から5ヶ月足らずで退団
 ・・・何のための加入だったんでしょうかねえ。使いようによっては、まだまだ使えるはずだったんですが・・・。まあ、現場が意図しない補強だったとあっては、仕方がなかったのかも。
 この辺に、ベルマーレ強化部の脇の甘さが見て取れるような。


【03】七夕限定ユニ、登場
 7月7日のアビスパ福岡戦に登場しましたね。ブルーの部分を黒にしただけなんですが、なかなか引き締まった色調のいいユニでしたよ。これで試合に勝っていれば(0−2で敗戦)・・・。

【04】菊池大介、J2最年少出場記録を樹立
 そのアビスパ福岡戦で、菊池大介(#38・MF)がJ2最年少出場記録を樹立しました。もっとも、出場はその1試合だけでしたが・・・。

【05】原竜太、斉藤俊秀、ジャーンら移籍選手が活躍
 斉藤のベテランの味は見事だったと思いますが、これを引き出したジャーンもさすがです。J2でも屈指のCBコンビだと思いますよ。来季もこのコンビが見られるようなので、楽しみです。
 一方、原竜太はいい感じでチームに馴染んでいると思うんで、来年もぜひ観てみたい選手ですね。


【06】天皇杯は4回戦敗退
  http://kazz-kazz.seesaa.net/article/64539943.html
 詳しいことは、↑でも御覧いただくとよろしいかと。


【07】開幕ダッシュに失敗
 第1クールの頭の6試合で1勝3分2敗だったんですよね。7節から4連勝したんですが、この段階までにもう少し勝っておくと、あとがもう少し楽だったような気がします。

【08】外池大亮、現役引退
 トノもやるべきことをやり尽くしたんでしょう。この後どういう方向に進むのかはわかりませんが、トノらしく活躍してほしいものです。
 まあ、よくしたもので、今度は臼井幸平が帰ってくるので、彼の頑張りに期待したいですね。J1の時代を少しでも知っている選手ですから。


【09】金永基、新人ながらJ2完走
 伊藤友彦っていうJ経験者を差し置いて、開幕からずっとレギュラーGKの座を守りきってましたね。いろいろと大きな経験もしたようで、金の来季は更に楽しみなものになりそうです。

【10】柿本・中里、レンタル先から復帰も放出
 ミチにしても、チュウにしても、せっかくそれぞれのレンタル先から戻ってきたのに、アピールが足りなかったのか、最後までパッとしないままで終わってしまいました。
 結局、2人とも放出されたわけですが、来季どうするんでしょうね。


【次点】1年間監督が代わらず
 でも、来季は正念場です。菅野さん、頑張れ!


・・・とまあ、他にもいろいろ挙げればありそうですが、
ひとまずはこのような感じで。

来季はJ2でいい成績を挙げて、堂々とJ1に上がりたいですね。
posted by KAZZ at 19:38 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。