2005年09月29日

阪神優勝

2年前の優勝の時は、日本国中がドカドカ盛り上がった感じがしましたが、
今年は淡々と、でも着実に優勝に邁進してるって感じですね。

今日もこれを書いてる時点で5−0でリードしてるんですが、
(7回裏、桧山と矢野がタイムリーヒットを打ちました)
とにかく勝つことに慣れてきたというか、自信を持ってる感じです。
巨人が何処かやる気がないように見えるのとは対照的です。

道理で強いはずですよ。
素晴らしいですね。

このまま日本シリーズやったら
阪神が圧勝しちゃうんじゃないかという気もする、
そんな今の阪神の雰囲気です。

・・・てなことを書いたら、結局5−1で勝って
阪神がセントラルリーグの優勝チームになりました。

2リーグ制になってからは2年ぶり5回目ですね。
1962年・64年・85年・2003年、そして今回。

62年や64年は当然リアルタイムでは知らないわけですが、
(だって、私はまだ生まれてもいません)
話に聞いたり書物や映像を見たりする限りでは
投手力のチームだったようですね。

85年からは知ってます。
バース・掛布・岡田の脅威のクリーンアップに代表される
打のチームでした。
そういえばこの時は日本一にもなってますよね。

2003年は投打の絶妙なバランスの上に成り立つチームでありました。
この年は日本シリーズにおいて、全てホームチームが勝つという
ちょっと珍しい形で日本一を逃してしまいました。

そして、今年。
赤星・鳥谷の1・2番というのは、なかなか面白いですね。
クリーンアップはシーツ・金本・今岡ですか。
今岡の5番ってのはヒットですね。
野村元監督からはクソミソに言われた今岡でしたが、
よくよく考えてみるとこの人、相当に器用な選手だと思いますよ。
03年の時は1番打ってて首位打者獲ってるんですから。
それが今年は打点王をほぼ手中にしてるわけですし。

JFKトリオってのもすごいとは思いますが、
来年以降に反動が出てこないか心配です。
特にウィリアムス(J)と藤川(F)。
両者とも70試合以上登板ですからね。
更に藤川は79試合と日本記録まで作ってしまってますよね。
このあとの日本シリーズでもJFKは活躍の機会が多いと思いますが、
全てが終わった後はゆっくり休んでいただきたいもんです。

私は取り立てて阪神ファンってわけじゃないんですが、
少なくとも次の優勝が21年後なんてことがないように
頑張ってほしいもんです。
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。