2007年12月23日

第87回天皇杯準々決勝第2日結果

では、本日の試合。


【75】愛媛FC 0−2 川崎フロンターレ
   (予想は 愛媛 1−0 川崎)・・・公式記録(pdf)
 愛媛は物怖じをしない戦いぶりだったなと思いますが、何せ相手の川崎が巧すぎました。そして、ジュニーニョや鄭大世という2枚看板を自由にさせる場面も多く、さすがにこの相手には厳しかったようです。
 ただまあ、結果的に退場者を出すなど苦しい展開になったわりには、10人になってからはジュニーニョのPK以外に失点しなかったことを(それだけ川崎に余裕が生まれたことを別にしても)考えれば、愛媛としてはよくやれた方なんじゃないでしょうか。
 この愛媛の活躍が、来季のJ2全体に好影響を及ぼすと私は踏んでいます。頑張れば、天皇杯で上まで行けるんだってことを知らしめただけでも、この試合の意義は大きいですよ。


【74】FC東京 0−2 サンフレッチェ広島
   (予想は FC東京 0−2 広島)・・・公式記録(pdf)
 FC東京は何がしたいのか、今一つわからない部分がありました。逆に広島の狙いは実に単純明快というか、柏木を中心に掻き回して勝負をかけるという意図が最後まで一貫してあったわけで。勝敗を分けたのは、恐らくこの辺の差だったんじゃないかと思いましたね。
 広島のサッカーは面白かったですよ。完璧だとまでは言わないにしても、観ててとても楽しそうに見えました。柏木辺りは実に生き生きしていたし、他の連中もこの若い中軸に引っ張られて、実に楽しそうでした。
 FC東京は、一度はペースをつかみかけたんですよ。浅利と平山を投入した辺りから。ただ、そこで得点できなくて、ズルズルとペースを手放してしまった感じがします。あれはもったいなかったですね。
 ともあれ、広島の次の相手はガンバ大阪です。ここも一発、その明るいノリで喰っちゃいたいんじゃないでしょうか。今の広島なら、それができそうな気がしますね。



そんなわけで、準決勝のカードが決まりました。

【77】ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島(12/29・13:00・エコパ)
【78】川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ(12/29・15:00・国立)


どちらも見逃せない試合になると思いますよ。
posted by KAZZ at 22:39 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。