2007年12月23日

夢のパスポート〜有馬記念予想

第52回 有馬記念(GI) 枠順(JRA)

5枠10番のフサイチパンドラが、
右肩は行だかで出走を取り消したため、
1頭減って15頭立てのレースになります。

というわけで、そんな有馬記念予想ですが、
今回は出走馬1頭ずつにコメントをつける形でやってみます。

長くなっちゃうので、予想は畳んで書きますね。


1枠1番:メイショウサムソン(4牡:武豊)▲
 JCこそ岩田やペリエにうまく乗られてしまった感のある競馬(おまけに武本人が騎乗ミスを認めていました)でしたが、だからこそここでの名誉挽回を武自身が強く念じて狙っているはず。
 武が乗り方さえ間違えなければ、という気はするんですが、天皇賞→JC→有馬って難しいんですよ、実際。スペシャルウィークでさえ、最後の最後にグラスワンダーにやられたことがあったでしょう?
 その難しさを武がどう考えるかがキーポイントでしょう。

1枠2番:ドリームパスポート(4牡:高田潤)○
 この馬を管理してる松田博資って人は嫌いなんですが、この馬と高田潤という乗り役は大好きでして。去年、皐月賞でこの馬を2着に連れてきた高田を、ダービーで降ろすような理不尽は、もう勘弁してやってほしいですよ。
 今年の高田は負傷などがあって勝ててないんですが、この大舞台でこういう重要な役目を任されたとあっては、負けるわけにいかないでしょう。いや、何が何でも負けられないと当人自身が思っているはずです。
 武豊でさえも一目置く強気で鳴らす西の調教名人が、このデカい舞台で何かをやると私は信じたいです。

2枠3番:マツリダゴッホ(4牡:蛯名正義)
 馬は悪くないと思うんですが、肝心の乗り役がイマイチ最近パッとしないのが気になります。蛯名はこんなもんじゃないし、これで終わってもらっても困るんですが・・・。

2枠4番:ダイワメジャー(6牡:ミルコ・デムーロ)
 以前には有馬で3着なんて実績もありますが、そううまくはいかないと思いますよ。いくら腕達者のデムーロだって、この馬にとって有馬がそう簡単なレースでないことぐらいは重々承知しているはずです。
 諸事情あっての決断でしょうがレース後に引退式というのも、あまり感心しません。

3枠5番:レゴラス(6牡:柴田善臣)
 初めて聞く名前の馬です。血統だけ見てると結構いい馬っぽいんですが、1000万下をウロウロしてるような馬ですよ。かつてのダイユウサク(でも、この馬だって有馬で勝つ前にオープン特別を勝ってますが)じゃあるまいし、そうそううまくいくとは思えません。

3枠6番:ポップロック(6牡:オリビエ・ペリエ)△
 ここ4走を見てると、力はあるのに勝ちきれないというもどかしさを感じます。この辺がポップロックという馬の限界なのかなとも感じるのですが、ペリエが三度目の正直を果たせるんでしょうか。
 いい馬なんですがね・・・。

4枠7番:ダイワスカーレット(3牝:安藤勝己)
 無印にしました。何故って、この馬、熱発でオークスを回避しちゃったじゃないですか。その関係で2400をどう走るかが見られなかった。前走のエリザベス女王杯を勝ったのはいいとして、そこから1.5F延びる距離がどう影響するかが全く読めません。
 しかも、後述するウオッカと違って、この馬は今回初めて古牡馬と対戦するわけです。果たしてそんなにうまくいくもんなんでしょうか。
 アンカツ氏は引退する兄のメジャーでなくこちらを選択したわけですが、この判断も少々引っ掛かるところです。

4枠8番:ロックドゥカンブ(3牡:マイケル・キネーン)◎
 この大一番に、3つ続けて乗ってきた柴山ではなく、マイケル・キネーンという手練れを頼んできた堀調教師の本気を感じずにはいられません。
 キネーンなら何とかする、してくれるという強い期待と、実際に何とかしてしまうかもしれないキネーン、そしてそれらに応えて走るロックドゥカンブ。
 菊花賞のあと、JCを飛ばしてここに来たローテにも好感が持てます。自信がなければ、そんなローテも組めないでしょうし、古馬をものともしない何かを発揮できる環境は整っていると見ていいでしょう。

5枠9番:サンツェッペリン(3牡:北村宏司)
 何か変だと思ったら、主戦だったはずの松岡は降ろされたんですね。この馬と松岡って、なかなか面白いコンビだと思っていたんですが。
 北村もいい騎手ですが、テン乗りで何処までやれるかは未知数ですね。

5枠10番:フサイチパンドラ(4牝:藤田伸二)
 上にも書いたように、出走取消です。

6枠11番:コスモバルク(6牡:松岡正海)
 ありゃ、よく見たら松岡は前走のJCでもコスモバルクに乗ってたんですね。まあ、天皇賞で五十嵐があんな大失態をやってしまっては、致し方ないでしょうけど・・・。
 まあ、しかし五十嵐でないとこの馬のいいところは出せないでしょうし・・・。

6枠12番:インティライミ(5牡:福永祐一)
 こちらは佐藤哲三が落馬負傷した関係での乗り替わりです。福永自体はいい騎手ですが、果たしてインティライミを何処までリードできるのか。ちょっと不安が残りますね。

7枠13番:デルタブルース(6牡:川田将雅)
 もう競走馬としてのピークは過ぎちゃってるのかもしれません。若き手練れの川田が乗っても、これという効果は期待できないでしょう。

7枠14番:ハイアーゲーム(6牡:クリストフ・ルメール)注
 大久保調教師が、愛弟子の吉田豊ではなく、敢えてルメールという「勝てる」ジョッキーを頼んできたところに好感を持ちます。これは面白い選択だと思いますよ。
 3年以上ぶりの重賞勝ちで話題になった前走ですが、4走前にはオープン特別を勝ってもいます。力がないわけでは決してない馬ですからね。何かをやる素地は十分に持っていますよ。

8枠15番:チョウサン(5牡:横山典弘)
 好きな馬ではありますが、基本的に2000までの馬でしょう。ただ、逃げた前走のJCで、勝ったアドマイヤムーンと0.5秒差の6着に残ったことを考えると、乗り方次第では距離もこなせるかもしれないとは思いますが・・・。

8枠16番:ウオッカ(3牝:四位洋文)×
 宝塚記念やJCを使ったことが、この舞台で生きてくると思います。早い時期から古牡馬との厳しい対戦を経験したことで、この異色のダービー馬のタフネスは、更に強化されたと思います。
 あとは、主戦の四位がどう乗るか、でしょう。要注意の1頭だと思いますよ。



そんなわけで、印のおさらい。

ロックドゥカンブ
ドリームパスポート
メイショウサムソン
ポップロック
×ウオッカ
ハイアーゲーム

さて、皆さんの夢は何でしょう?
posted by KAZZ at 08:22 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(予想) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。