2007年12月21日

第87回天皇杯準々決勝予想

今回は、試合の開催順に予想を書きます。


【73】ガンバ大阪 1−2 清水エスパルス(長居・12/22・13:00)
 普通にいったら、勢いとしてはガンバだろう、と。しかし、実は意外と天皇杯に強い清水が、ガンバをやっつけちゃう可能性もあると思うんですよ。
 さて、ガンバはどう出るか。そして清水はそれをどう迎え撃つか。ガンバはここで清水に敗れるようだと、来季結構厳しいと感じます。逆に清水がここでガンバに勝つと、来季は期待していいかも。


【76】鹿島アントラーズ 1延2 Honda FC(ユアスタ・12/22・15:00)
 寒い中、仙台で試合とは御苦労なことです。鹿島はいいのか悪いのかよくわからないところがあります。J1制覇の勢いで天皇杯もと思ってはいるんでしょうが、何せ相手は侮り難いHondaさんですからね。
 Hondaのカギはサイド攻撃だと思います。堀切辺りは頑張らないといけませんよ。また、この試合で出場停止になる岩渕の代役が誰になるかも注目です。
 鹿島は決して油断してはいけません。Hondaは強いですよ。


【75】愛媛FC 1−0 川崎フロンターレ(埼玉ス・12/23・13:00)
 ま、願望ですわな、願望。こうなりゃとことん突っ走って楽しみたい愛媛が、勢いで川崎すらも撃破するようだと、非常に楽しみですよ。実際、それをやれる可能性があるチームです。
 川崎はジュニーニョ残留決定で一安心してそうですが、さて・・・。 カギになるのはジュニーニョより、むしろ若い選手たちではないかと思うんですが。
 一方の愛媛は、胸を借りるぐらいの気持ちで気楽にやったらいいんですよ。負けたって死ぬわけじゃありません。楽にやればいいんです、楽にね。


【74】FC東京 0−2 サンフレッチェ広島(KK WING・12/23・15:00)
 どうせなら派手に暴れようとでも広島の連中が思ってるんだとしたら、FC東京は苦戦を覚悟しておくべきです。こういう、失うものがないチームは、何をしでかすかわからない怖さを持ってますからね。
 広島としては、若い選手たちの奮起に期待したいところです。彼らが何かを残せたら、この後更に面白いことになるかもしれませんし。そのためにも若手に期待です。
 FC東京は・・・、まず先にペースを握りたいですね。でないと、苦戦させられますよ。
posted by KAZZ at 20:29 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。