2004年10月04日

こういうバカな真似はしないように。

サッカーの試合を見に行っていて、
応援するチームが目の前で負けたとしよう。
その時、あなたならどういう反応をするだろうか。

贔屓チームの敗戦を悔しがるにも
様々な方法があるとは思う。興奮もするかもしれない。
しかし、この方法は明らかに間違っている

横浜国際競技場で3日に行われた
J1の横浜Fマリノス−柏レイソル戦の試合後、
観客への挨拶に来た横浜Fマリノスの選手に向かって、
こぶし大の石(コンクリ片との報道も)を投げた者がいるらしい。

それでなくても、物の投げ入れは固く禁じられているはず。
いったい何がしたくてこのようなことをするのか。
まったく理解できない
言語道断卑劣きわまりない話だ。
こんな行為に走る輩は、サポーターとは呼べない
フーリガンである。哀しいフーリガンだ。

横浜Fマリノスのゴール裏を以前2度ほど経験した私は、
(Fがつかない横浜マリノス時代も含む)
熱いけれども、節度はある人たちとの印象を持っている。
無論、その印象は今も何ら変わらないし、
Fマリノスのサポーターが全部そんなことをするわけがないと思う。
ごく一部の暴徒による、度を超した暴走であると思う。
だからFマリノスのサポーター全体を責める気にはならない

けれども、こうした事件が実際に起きてしまった
投げ込まれた石が選手に当たらなかったことは、
不幸中の幸いと言えるのかもしれないが、
今回の事件は、それ以前の問題だと思う。
如何なる理由にせよ、選手に向かって物を投げ込む行為は、
まったく以て卑劣であり、断じて許されない行為だ。

石を投げ入れた者は、自主的に名乗り出てもらいたい
チームとサポーターとの間に軋轢を作りたくないなら、
直ちにそうするべきだ。

考えてもごらんなさい。
そんなことをして、いったい何になるというのか。
お互いが不幸になるだけで、何の利得もない
サポーターたる者、苦境にある時こそチームを後押ししなければ。
チームに傷を負わせようとすることが、サポーターのすることか?
私はそうは思わない

もう止めておく。
何だか、書いていて虚しくなってきた
とにかく、残念だ。
posted by KAZZ at 20:02 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
>横浜Fマリノスのゴール裏を以前2度ほど経験した私は、
>(Fがつかない横浜マリノス時代も含む)
>熱いけれども、節度はある人たちとの印象を持っている。


これでは少々意味が通りにくいと思うので、
補足的に説明をしておきますと、
つまり、私はFマリノスのサポーターの方々に対して、
上記のような印象を持っている、ということです。
Posted by KAZZ at 2004年10月04日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。