2007年12月16日

浦和的(=オジェック的)なものの限界

FIFAクラブワールドカップ2007 3位決定戦@日産ス
エトワール・サヘル
1 1
2
【得点】13フレジ(前05'=PK)、 9シェルミティ(後30')
【PK戦】×○○× 2
浦和レッズ
1 1
2
【得点】21ワシントン2(前35'、後25')
【PK戦】○○○○ 4
テクノラティ タグ:


<PK戦(先攻は浦和)>
浦)21○ 22○  9○  3○ 4
サ)19×  2○ 26○ 18× 2

<エトワール・サヘルのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1マトルティ(後48'→27ジャウアチ)
DF: 2ゲザル、 4ファルヒ、11メリアフ、13フレジ
MF:18トラウイ、19ナフハ、20メリティ(後13'→ 7ジャー)、24ナリー
FW: 9シェルミティ、28ベンディファラー(後45'→26ベン・ナスル)

(出場しなかったサブ)
GK:16タベト
DF: 5ジャマル、 6ベジャウィ、15ヘミリ、21ベン・モハメド
MF:14サッコ
FW: 3ジェダイエド

<浦和レッズのメンバー>
(先発)
GK:23都築龍太
DF: 2坪井慶介、 5ネネ、22阿部勇樹
MF: 3細貝萌、 6山田暢久、13鈴木啓太、16相馬崇人、17長谷部誠
FW: 9永井雄一郎、21ワシントン

(サブ)
GK: 1山岸範宏
DF:12堤俊輔、19内舘秀樹、20堀之内聖
MF:14平川忠亮、27西澤代志也、30岡野雅行
FW:18小池純輝
(サブの出場なし)

<警告・退場>
サ)28ベンディファラー(前32'・警)、13フレジ(後42'・警)
浦) 2坪井慶介(前04'・警)、21ワシントン(後26'・警)

<観客数>
53,363人

<この結果>
浦和レッズが第3位。
エトワール・サヘルが第4位。


オジェック流、というか、オジェック的なフットボールの限界を見た感じです。

11人中、別人のようにテンションが高かったワシントン以外、
これという見せ場も作れないまま、90分を過ごしたように見えました。
サヘルの2点目なんか、元はと言えば守備陣の凡ミス中の凡ミスですし、
サヘルの先制点にしても、つまらないプレーでPKを献上しました。

浦和が勝てたのはワシントンがいたからで、
彼がいなければ浦和は確実に負けていましたね。
それぐらい酷い試合でした。

オジェックが目指そうとしたものは、
堅守をベースに機を見て分厚く攻め込むサッカーだと思うんですが、
その起点となるポンテを直前に故障で欠き、
長谷部をトップ下に置いてやり過ごそうとはしたものの、
通用したのはセパハンまで。ミランには全く通用せず、
サヘル相手にもあんまり通じなかった。
選手層の薄さにも起因する部分がありましたが、
それにしてもどうやら、今のオジェック流には限界が見えてきました。

そのオジェック流を構成する選手のうち、
ポンテは残ってくれそうですが、
そのポンテだって開幕から出られるわけではありません。
まして、来季はワシントンという頼れる主砲を欠くわけで、
代替選手が誰であろうと、苦しいことには違いありません。

この試合は、天皇杯での愛媛戦終了後の鈴木啓太の言葉を借りるなら、
来季への「警告」と受け止めるべき試合でしょう。
その「警告」に、浦和はどう応えてくるのか、ですね。
posted by KAZZ at 22:27 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。