2007年12月10日

ガイナーレさんのつうしんぼ2007(2)

さて、今回は背番号11〜20の選手です。

もっとも、背番号20は通年いなかったので、
実質は19番までなんですが。


【11】西村英樹(MF→DF→MF)→契約満了
 西村本人かクラブ側か、どちらが言い出しての契約満了かはわからないんですが、ガイナーレ鳥取にとっては結構大きな損失なのではないでしょうか。プロとしてのメンタリティを発揮できる選手であり、妥協と手抜きを知らないプレーぶりは、ガイナーレの核と言っても良かったですし。
 主にサイドを主戦場に、攻めの槍として突っ切っていこうという姿勢は、JFLでも屈指のものがあったと思います。惜しむらくは、得点力が伴わなかったことでしょうか。
 西村クラスの選手なら、もう少し上のステージでも成功できると思うので、何処に行くにしても頑張ってほしいところです。


【13】堀池勇平(MF・今季新加入)
 故障などもあって、持てるポテンシャルをフルに生かせたとは思えないシーズンになってしまいました。堀池自身もせっかく新しいチャレンジの場を得たのに、もどかしいシーズンではなかったかと思います。
 ただ、故障から戻ってきてからの堀池に1つだけ苦言を呈するとしたら、もう少し思い切りを良くしてほしいところです。故障を再発させては無意味ですが、だからといってそれを恐れてプレーが小さくまとまってしまうのも、堀池らしからぬような。
 サイドの住人として、スケールの大きなプレーができる素地はあるんですから、その辺をもう少し考えてほしいものです。


【14】川田和宏(MF・今季新加入)→期限付き移籍期間満了
 いいものは持っている選手ですが、何せ感情のコントロールに問題を残す選手でもあります。彼がもう少し自身の感情を制御する術を覚えたら、かなりのところまでやれる選手なのに、もったいないと感じます。
 たとえ不満の残る交代であっても、プロなら衆人環視の中で感情を爆発させるのではなく、冷静に引き下がることも覚えなければならないことを、もう少し川田自身が考えなければ。
 このまま大分に残るか、もう一度鳥取に来るか、どちらにしても、その辺をしっかりまとめなければ、そのポテンシャルがもったいないですよ。


【15】内山英紀(FW・今季途中で退団)
 諸事情あって途中退団→引退となりました。実力面では前年のチーム得点王だけに、何も問題がなかったと思うんですが、故障で出遅れたことと、チーム全体のプロ化の流れについていけなかった部分があったことが大きかったのではないかと。

【15】徐晩喜(DF・今季途中加入)
 細身の見た目とは裏腹に、意外に強い体躯を駆使しての守りを見せてくれたのですが、テクニックの面では少々疑問が残る部分もあるようです。
 今後残るとすれば、相当頑張っていかないと、取り残されてしまう可能性は高いです。ただ、若く伸びしろも持っている選手なので、何かのきっかけで化けてくることだって十分にあり得ます。


【16】青柳雅信(DF)→契約解除
 ガイナーレ鳥取が時折垣間見せるアマチュア臭に、青柳自身がどっぷりと身を委ねてしまったような気がします。能力はそれ相応にあったのですが、プロを経験したわりに、プロになり切れていなかった部分があって、それが青柳の成長を妨げた感はあります。
 あと、出場すると比較的カードをもらう確率が高く、この辺での制御も身に付かなかったのが惜しいです。周りが見えていないというか、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう傾向もありました。
 まだ若いので、もっとたくさんの経験を積んだ方がいいと思いますよ。このまま終わってしまう選手でもないでしょうから。


【17】鶴見聡貴(FW/MF・今季途中加入)→期限付き移籍期間満了
 ガイナーレ鳥取に於ける鶴見の存在を語る上で、デビュー戦となった布勢でのロッソ熊本戦は外せないでしょう。あそこで鮮烈なデビューを飾ったことで、一躍期待の選手になり、且つ中心選手として居場所を確保できたわけですから。
 ただ、逆に言えば、もっとやれたんじゃないかという気もします。コンスタントに出番を与えられたことで、少し中弛みしてしまったのかもしれませんし、そのせいで鶴見自身も安堵してしまったように思えます。
 今後はどうなるかわからないんですが、できればもう一度鳥取に戻ってきてもらって、今季以上に大暴れしてほしい選手です。彼がいなくなると、正直厳しいとも思いますし。


【18】樋口大輝(DF・今季新加入)
 いい選手だとは思いますよ。ルーキーながらコンスタントに試合に出してもらって、グッと成長もしたでしょう。その意味では、同じように今季新加入の釜田よりは、ずっと見応えのある選手だと思います。
 ただ、樋口は実際のところ、サイドバックに適しているのか、中盤のサイドに適しているのか、少し計りかねる部分があります。本人も攻めに重きを置きたいのか、ズバッと上がっていく傾向が強かったんですが、それ故にその穴を狙われた時の対処に問題が残りました。
 樋口が更に向上していくためには、攻守のバランスをどこまで強く意識して、攻めの時は思い切り良く、守りの時は適度に抑えて、プレーを考えられるかがカギになりそうです。


【19】田村和也(DF)
 CBで起用されるようになって、ある種の開き直りを身に着けたらしく、自重すべき場面では自重できるようになったと感じます。そのせいか、守備面での向上はめざましいものがありました。
 とはいえ、まだポカをしてしまうこともあって、この辺りに改善の余地があります。もっとも、今季相当に守りがうまくなった田村ですから、試合にコンスタントに出ていければ、すぐに向上するんじゃないでしょうか。
 時折見せる鋭いプレースキックも、攻撃の際の武器になるわけで、そう考えると今後が楽しみになってくる選手です。着実に成長していると思いますし、来季は更にスケールの大きな田村が見られそうです。



次回は、背番号21〜31の選手、
そしておまけとして、監督や社長辺りにも言及してみます。
posted by KAZZ at 23:03 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。