2007年12月10日

プライドは取り戻せたか?

FIFAクラブワールドカップ2007 準々決勝
セパハン
0 1
1
【得点】13カリミ(後35')
浦和レッズ
1 2
3
【得点】 9永井雄一郎(前32')、21ワシントン(後09')、Own Goal(後35')
テクノラティ タグ:


<セパハンのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:22サバリ
DF: 5アギリー、 8ベンガー、17ムジリ
MF: 7バハドラニ、 9ハディ・ジャファリ(HT→21バヤト)、12アルハイル(後33'→25ロビニアン)、28ハジサフィ
FW:14ベロ(HT→13カリミ)、20エマド・モハメド、23サレヒ

(出場しなかったサブ)
GK:15サデグサデ
DF: 3タラベ、11カゼミ
MF: 4ナビドキア、 6アクバリ、27ジャファリ、30パピ
FW:26アリモハマディ

<浦和レッズのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:23都築龍太
DF: 2坪井慶介、 4田中マルクス闘莉王、 5ネネ
MF: 3細貝萌、13鈴木啓太、16相馬崇人、17長谷部誠(後46'→30岡野雅行)、22阿部勇樹
FW: 9永井雄一郎(後28'→ 8小野伸二)、21ワシントン

(出場しなかったサブ)
GK: 1山岸範宏
DF:12堤俊輔、19内舘秀樹
MF: 6山田暢久、14平川忠亮、27西澤代志也
FW:18小池純輝

<警告・退場>
セ) 7バハドラニ(前34')
浦)なし

<この結果>
浦和レッズは12月13日の準決勝でACミランと対戦。


天皇杯を意識しなくて良くなった分、浦和は生き返った感じです。
その意味では、愛媛FCに感謝しなければならないでしょう。

セパハンが意図的に出足を抑えめにしてきてくれたことも、
浦和にとっては好都合だったと言えるかもしれません。
もし、頭からセパハンがガツガツ来ていたら、
浦和はかなり苦戦を強いられていたような気がするんですが、
セパハンは何故か退き気味に試合をしてくれたので、
その分だけ浦和に利が生じたと考えていいと思います。

そのおかげで、浦和は比較的自由にやらせてもらえて、
前半こそ永井の1点だけでしたが、試合の趨勢は
浦和が握っていたと考えることができます。

後半、セパハンもカリミを投入して勝負に来ましたが、
守備がちょっと拙かったように感じました。
ワシントンが決めた2点目は仕方がないとしても、
3点目になったオウンゴールは、もう少し守りようがあったかもしれません。

ただ、最後まで試合を捨てない姿勢はさすがで、
気の抜けた浦和からしっかり1点取り返したことは評価すべきです。

浦和レッズの立場からしてみると、
リーグ戦終盤や天皇杯4回戦で失ってしまったプライドを
彼らなりに取り戻すための通過儀礼として、
この試合はあったように思えます。
まして、それまでに2回対戦しているセパハンが相手ですし、
負けるわけにもいかないですからね。
こうして、キッチリとプライドを取り戻せたのですから、
十分に収穫があった試合じゃないでしょうか。

さて、次はACミランが相手になります。
ミランは今回、本気でCWCのタイトルを狙いに来ているようですし、
その意味から、非常にやりにくいかもしれませんが、
逆に考えると、もう浦和に失うものもありません。
一応、ACLを勝ってアジア王者にはなっていますが、
リーグ戦や天皇杯と、ことごとくタイトルを獲り逃していますし、
特にJ1では屈辱的な逆転で優勝を逃すという失態もやっています。

でも、今日の試合で十分目覚めることができたでしょう。
ミラン戦に向けて、モチベーションも上がってくるはずです。
ポンテのいない苦境もこの試合で十分に乗り切れたことですし、
あとはミランを喰う意気込みがあれば、
ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

13日の対戦は、非常に注目すべきものになりそうです。
posted by KAZZ at 22:20 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。