2004年09月30日

ニセCDなど要りません

ソニーが、レーベルゲートCDと呼ばれる
コピーコントロールCD(CCCD)の廃止に踏み切るという。
何を今更という気もする。当然の話だ。
音楽メーカーが「規格外のニセCD」を
正規のCD」と称して売りつける暴挙が
どうにも許せなかった。

御存知の方も多いと思うが、CCCDには、
COMPACT DISC DIGITAL AUDIO」というライセンスマークがついていない。
言うなれば、規格外の「CDならざるCD」なのだ。
そうしたいわば「ニセCD」は、動作保証がなされておらず、
機器故障を誘発する原因にもなりかねないばかりか、
音質も従来型CDより落ちると言われており、
さらに、あろうことか、一部のPCでは
その技術自体が無効であるというお粗末な話まである。
(詳しくは、こちらで)

ともかく、こうしたニセCDの発売が徐々に縮小されるのは
良いことだと思う。
CCCDの日本における元祖的存在であるAvexも
徐々に発売を縮小する
傾向らしい。
(私はAvexのアーティストが概ね嫌いなので知ったことではないが)

また、フランスでは、CCCDの発売が原因で
レコード会社などに司直の捜査の手が入ったという。
(記事はおよそ1ヶ月前のもの。念のため)

今や、消費者にとって百害あって一利もないこのCCCDが
早く市場から完全に抹殺されることを願いたい。
私は偽物のCDではなく、本物のCDが聴きたい。
posted by KAZZ at 20:22 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他音楽 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。