2007年12月02日

第31回全国地域リーグ決勝大会決勝R最終日

まさに驚天動地、というか、衝撃の結末が!(・・・て、大袈裟な)

ファジアーノ岡山 1(1−0,0−0)0 FC Mi−OびわこKusatsu
ニューウェーブ北九州 2(2−0,0−0)0 バンディオンセ神戸

で、上記の結果を踏まえた最終順位。

1位:岡 山  勝点6 差+1
2位:北九州  勝点4 差+1
3位:Mi−O 勝点4 差±0
4位:神 戸  勝点4 差−2


ニューウェーブ北九州がバンディオンセ神戸を下した関係で、
土壇場で2位に滑り込みました。
この結果、一足先にJFL昇格を決めたファジアーノ岡山と共に
見事、JFL昇格2番手の切符をつかみました。

FC Mi−OびわこKusatsuは敗れたものの3位に残り、
アルテ高崎との入れ替え戦、またはそのまま自動昇格の可能性があります。
(要は、FC岐阜の動向次第なのですが・・・)

最右翼と思われたバンディオンセ神戸が、
まさか今日の試合で躓くとは思ってもみませんでしたが、
彼らにとってもいい勉強になった3日間ではなかったかと。

これを糧に、来年、出直してきてください。
今度は、文句なくJFLに上がれるように。


それにしても、昨日の浦和や鹿島といい、今日のバンディオンセといい、
サッカーって、ホント、何があるかわかりません。
posted by KAZZ at 19:27 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。