2005年09月01日

オフコース / I LOVE YOU

5人時代もあと少しで終わるところまで来ました。

というわけで、今回のオフコース企画は、
1982年7月発売のアルバム「I LOVE YOU」を。

[曲目]
1:YES−YES−YES(小田和正)
2:素敵なあなた(鈴木康博)
3:愛のゆくえ(鈴木康博)
4:哀しき街(小田和正/松尾一彦)
5:揺れる心(鈴木康博)
6:きっと同じ(小田和正)
7:かかえきれないほどの愛(松尾一彦・大間仁世・清水仁/松尾一彦)
8:決して彼等のようではなく(小田和正)
9:I LOVE YOU(小田和正)

[プロデュース]
オフコース

[編曲]
オフコース

[ゲスト]
なし

[エンジニアリング]
ビル・シュネー

[発売日]
1982年7月1日

[アルバム解説と感想]
 制作が「Over」ツアーの真っ最中ということで、契約消化の意味合いも
あるような気のするアルバムです。実際、5人のオフコースは「Over」で
終わっているのに等しかった
わけで、本来ならばそれ以上のメッセージが曲に
含まれるはずはなかったと考えられます。
 しかし、このアルバムを作っている最中に、恐らく小田の心境には何らかの
微妙な変化が生じたのではないかと思います。

 本作は鈴木が1人で作った曲が久しぶりに、それも3曲も収録されていて
鈴木色も十分に堪能できる作品なのですが、同時に鈴木作品にはオフコースと
いうグループからの離脱に迷いがないことを窺わせる歌詞
(T−3などはもう
明らかにグループからの脱退を意識していると言っていい)が、オフコースの
終焉を予感させるわけで、ファンとしては複雑な心境だったと思います。
 制作したとは言っても、実際に新曲としてレコーディングされたのが、この
中の何曲なのかは微妙です。T−9は前年リリースされたシングルのリメイク
ですし、鈴木作品はどうも「Over」からのアウトテイクっぽい気がします
が、正確なところはわかりません。
 ただ、そういった急ごしらえの作品であるにもかかわらず、オフコースは、
誠実に「終わり」のメッセージを込めようとしています。そのニュアンスが、
小田と鈴木では若干違うわけですが。
 小田としては、鈴木との離別に何とかして自分なりに折り合おうとしていて、
鈴木の方は改めてオフコースへの別れを自分なりに告げることにだけ専念する
というような感じでしょうか。

 アルバムは例の武道館10days最終日の翌日にリリースされています。
しかし、解散を明確にしたわけではなかったそうですし、事実オフコースは、
その後にテレビ番組を作ることにもなります。また、実現はしなかったものの、
横浜スタジアムで「Over」ツアーの追加公演をやるというプランもあった
そうです。
 その武道館10days直前にリリースされた「YES−YES−YES
というシングルは、鈴木の離脱を乗り越えて小田が前向きになろうとしている
心情が窺えます。
 ファンにも確実にその気持ちが伝わったからこそ、1982年6月30日の
日本武道館での終演後に、客出しの最中にこの曲を居残った観客が大合唱した
という俄には信じられないエピソードが生まれたのかもしれません。
 あれはきっと、武道館に集まったファンからの、5人オフコースへの惜別の
意味があったのかもしれませんね。
 ちなみに、シングルヴァージョンは日本でエンジニアリング作業が行われた
関係で、ビル・シュネーは関与していません。また、あのシンプルでシックな
ジャケットのポートレイトは、レコード会社かスタジオかの階段で、1人ずつ
撮影したようです。

 また、「I LOVE YOU」は前にも書いたように、シングルとは別の
リミックスヴァージョンになっています。大きな相違点は、イントロがついた
ことと、それに伴ってエンディングがかなりの割合で改変・削減されたこと、
そして間奏のダイアログ部分が全面的に差し替えられたことです。
 その間奏のダイアログは、ジョン・レノン射殺のニュース原稿に変更された
のですが、その出来事に5人のオフコースの、いや、鈴木と2人で作ってきた
オフコースの終焉を重ねていたのかもしれません。

 ともかく、静かに1つの時代が終わっていくことを象徴する作品です。

[お勧め曲]
 鈴木作品(T−2、3、5)は必聴ですし、小田作品(T−1、6、8、9)
もいいと思いますよ。

[必聴度](★…1点、☆…0.5点。5点満点)
★★★★★

次回は、1982年9月発売の「NEXT」です。
あの突如浮上してきたテレビ番組のサウンドトラックです。
さて、「NEXT」が意味するものは?
posted by KAZZ at 21:49 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフコース このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。