2007年10月10日

新加入2名+記者会見

私は夕方、BSSのニュースを見てたんですが、
記者会見は見事にスルーされてしまったようで・・・。
今週末の「Road To J」ででもやるとは思いますが・・・。

で、TSKの方で触れてたようですので、簡単に内容を。

●新入団選手(後述)
●ガイナーレ魂持株会の件
●Jリーグ参入に向けての意気込み
●カレンダーを販売する

大まかに言って、この4点が発表されたと聞いてます。

持株会の件は公式サイトにも正式に掲載されました。

『ガイナーレ魂持ち株会』会員募集!!(ガイナーレ鳥取公式)

カネ(資本金)が足りないから出してちょうだい、と、
お願いするのは別にいいとしても、
この人たちは資料を出し惜しみしすぎです。

寄付ではなく出資なんですよ。
もっと、経営状況とかJリーグ参入に向けた計画や行程表とか、
そういうものを出せ
ってんですよ。

私んとこに送ってきた資料なんか、
あんなの判断材料にもなりゃしません

まあ、持株会に関してはこちらのエントリにも書いたことなので、
これ以上蒸し返すことはしませんけど、それにしても・・・。
お金を出してもらう」という姿勢が全然窺えないのが気になります。


さて、新加入選手。2名います。

新加入選手のお知らせ(ガイナーレ鳥取公式)

15:徐晩喜(ソ・マンヒ)・・・DF/21歳(韓国)
28:鄭光槌(チョン・クワンシック)・・・FW/22歳(韓国)

どうやら共に韓国籍の選手らしいです。

徐晩喜の方は既に練習に参加していましたし、
先日の紅白戦や岡山でのTMにも出場していた選手です。
愛知県社会人リーグのFCゴールなるチームからの移籍です。

一方の鄭光槌の方は、練習に参加していた形跡がないため、
未見の選手です。FWだとは言いますが、どんな選手かは知りません。
こちらは東海社会人リーグ2部のM.I.E.ランポーレFCからの移籍です。

共に活躍できるよう頑張っていただきたいものです。


・・・で、一点だけ気になる点が。
徐晩喜の背番号は、退団(引退)した内山英紀のものを回しただけなので、
まあ、これはこれでいいとしても、
問題は鄭光槌の背番号が28になっていることです。

28の前任者は、御存知の方も多いと思いますが下松裕であり、
彼は確かにバンディオンセ神戸に移籍していますが、
完全移籍ではなくて、期限付き移籍であることに留意していただきたい。
つまり、場合によっては帰ってくる可能性も留保できる選手のはず。

なのに、そんな立場の選手の番号を簡単に与えてしまうとは・・・。

こういう扱いをされたとなると、
下松がガイナーレ鳥取に戻ってこない、
あるいは戻りたくても戻れない可能性も非常に高くなってくるわけで、
この背番号の配分には少し疑義を覚えてしまいます。

もちろん、鄭に責任はない話で、フロントの問題なんですが、
これはつまり、もう下松をガイナーレは必要としないという
サインと受け止めてもいいのでしょうか。


何にせよ、移籍してきた2選手には、ぜひ活躍を望みたいです。
posted by KAZZ at 22:24 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。