2004年09月10日

沖縄かりゆし騒動再び

悪夢は繰り返すのか。

沖縄かりゆしFCの加藤久GM兼監督と
所属選手27名退団決定的になったそうだ


このクラブは、今から2年前の12月にも、
チームのテクニカルディレクターをやっていたラモス瑠偉と、
選手21名が退団騒動を起こしたことで知られているが、
今回、またしても同様の騒ぎを起こしたことになる。

今回の騒動の発端は、どうやらメインスポンサーだった
株式会社かりゆしという会社が、
チームからの撤退を発表したあと、
チームが新たな大口スポンサーを見つけられなかったことで、
チームの先行きに不安が出てしまったことのようだ。

その間、選手たちには何の説明もなかったそうで、
これでは不安に思っても仕方がない部分はあるかもしれないが、
それにしても現時点で九州リーグ2位の実力を持つ彼らが、
何故こんな騒動を起こしてしまうのか。
これでは、いつまで経っても「沖縄からJリーグチームを
という夢など果たせやしないのではないか。

と同時に、選手たちや監督にも言いたいが、
2年前の悪夢を繰り返してしまうあなたたちも、
結局はファンや子供たちの夢を壊した張本人であるということだ。

あなたたちの主張もわかるし、同意もするけれども、
しかし、それらが「退団」という結論に結びつくことに、
何の必然性があるというのか。
その点に関する明快な説明がないのが残念だ。
あなたたちも、チーム側と同じく、説明不足なのだ。

こんなことで、沖縄かりゆしFCは大丈夫なのか?
posted by KAZZ at 20:07 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。