2007年09月28日

さて、Jリーグ加盟申請をしたわけですが

栃木、岐阜、鳥取がJ加盟申請(スポーツ報知)
栃木サッカークラブ、28日J2加盟申請(Yahoo!JAPAN/産経新聞)
サッカー:ロッソ熊本、Jリーグに加盟申請 /熊本(毎日新聞)

現在JFLに所属するJ準加盟4クラブが、
昨日から今日にかけてJリーグに加盟申請をしたそうです。
我らがガイナーレ鳥取もそこに名を連ねてはいますが、何せ現在15位。
数字上はまだ4位に届く可能性こそ、ほんの僅かに残していますが、
(と、社長がブログに書いてましたが・・・)
恐らく現状では絶望的に困難だろうと思われます。

しかしながら、他3クラブと歩調を合わせるかのように
加盟申請に踏み切ったのには、
一応はポーズをつけておくという意味もあるんでしょう。


でも、この際だからハッキリさせておきたいんですが、
約2年前から「Jを目指す」と公言しておきながら、
未だにその目処も立たないというのは、いったい何が原因なんでしょうね?

お金(スポンサー)の問題ですか?
それとも良い選手が集まらないことが問題ですか?
あるいは、良い指導者が来てくれないことが問題ですか?
まさか、サポの熱意が足りないとか言いませんよね?

Jに行くと公言してプロ化に踏み切った以上は、
もっとシビアにやらなきゃダメなんですよ。
なのに、例によって例の如く、下位に甘んじてしまっている。
それに対して多少なりとも危機感はあるんでしょうけど、
そこから這い上がる具体的方策がない。
そんなチームに誰が期待をかけますか?

その上にガイナーレは情報だって満足に出せない。
天皇杯の試合結果なんか1回戦からずっと放置されたまま。
また、チームが今、どんな状況にあって
何を具体的に向上させていくかの手がかりになるような
そんな情報すら出そうとしないんですよ。


サポートする立場から言わせてもらうと、
こっちだって別に遊びでやってるわけじゃないんですよ。
彼らや彼らのサッカーが好きだから応援しとるんです。
だからこそ、言うべきことは言ってるわけで、
どうでも良ければ端からスルーしてますよ。


正直、今回の申請は見送ってしまっても良かったと思うんですよ。
だって、経営的なことはさておいて、
チーム力がまるで整っていないんですよ。
それはJFLの順位を見ても明らかでしょう。

長いスパンで参入を企図しようとするのはわかりますが、
それならそうだと最初に宣言すべきです。
ちゃんと計画を立てずに行き当たりばったりに
2008年度からの参入を目指すなどと言ってしまうから、
余計にみんなが期待するんですよ。

ガイナーレのフロントに早急に求めたいのは、
具体的にいつまでに参入できるようにするのかという
行程表(ロードマップ)をキチッとした形で示すことです。
それを示してもらえれば、それに沿って見ていくことができるのですから。

今のまま、ろくに情報も出さないのに、体裁だけ繕う真似をしていては、
誰も彼らの言うことを信じてくれなくなりますよ。

そうならないためにも、打つべき手はちゃんと打ち、
示すべき情報はしっかり示して、多くの人に納得してもらう努力を
もっとガイナーレ鳥取というクラブがすべきなんです。

見ていると、その辺が非常に物足りなく映ります。
posted by KAZZ at 22:22 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。