2004年09月06日

目指せ、日本のストックトン

田臥勇太が遂にNBAプレーヤーになった
契約を結んだのは、フェニックス・サンズ。
かつて、チャールズ・バークレイが所属していたことで有名だ。

御存知の方も多いと思うが、
田臥はバスケットボールの選手としては背が低く、
公称173pしかない。
が、そういう体躯だからこそ、彼にしかできないことを
田臥は磨いていき、その結果が今回のサンズ入りだ。

以前、ユタ・ジャズにジョン・ストックトンという
これも小柄(と言っても185p)な選手がいたが、
彼はその体躯を逆に売り物にし、長く活躍した。
田臥にも、ストックトンのようなプレーヤーを目指してほしい。
(まあ、彼がどう思っているかは知らないけれども)

ともかく、田臥の活躍を祈る。
posted by KAZZ at 20:40 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。