2007年09月12日

前へ、前への意識

北京五輪最終予選グループC第3戦@国立霞ヶ丘競技場

日 本 1(1−0,0−0)0 カタール

<得点>
JPN)10梶山(前06')
QAT)なし

<U-22日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:21山本海
DF: 3青山直、 4水本、 5伊野波、12内田
MF: 7水野(後27'→28小林)、10梶山(後11'→ 6青山敏)、14家長、16本田拓、17柏木
FW:39森島康(後48'→20李忠成)

(出場しなかったサブ)
GK:31林、DF:33安田、FW: 9平山、11岡崎

<警告・退場>
JPN)16本田拓(前22'・警、後23'・警×2→退)、39森島康(後43'・警)
QAT)15アルブルシ(前37'・警)、 2アダム(後13'・警)

<日本の成績>
2勝1分0敗 勝点7 グループC1位


まあ、苦しい試合ではありました。
ただ、この試合は不思議と負ける気だけはしなかったですね。

何でかというと、チームの統一された意識として
前へ思い切って出ていこうとする意識があったからだろうと
こう思ってます。

それを体現したのは、家長・柏木・水野・森島康の4選手でした。
(水野は途中で交代して下がりましたが)
本田拓が退場するまでの彼らは、いや、退場してからもですが、
とにかく前を窺う意欲を見せてましたからね。

この「前を窺う」というのはとても大切なことで、
この意識がなければ、点取りゲームであるサッカーは
成立しなくなっちゃうんですから、それを自分たちのペースで
うまく成立させようとする時に、如何に前への意欲を押し出せるかは
非常に大きいように思います。
この試合の日本はそれがよくできていたんじゃないでしょうか。

これを下支えしたのは、守備の連中でしょう。
とりわけ、青山直と水本のCBコンビが素晴らしかったですね。
あとは、GK山本海人。今日は当たってました。

こうした守りの献身的な意識がベースにあったおかげで、
前の連中はわりとリズムに乗れていたんじゃないでしょうか。
攻守の切り替えも比較的スムーズで、時々ポカも見受けられましたが、
それ以外はいい感じでゲームを作れていたと思いますよ。

梶山の故障の具合など、心配な面もありますが、
今日の試合ができるなら、残り3つもうまくやれるでしょう。
あとは、得点力をどうやって増やしていくかですね。
posted by KAZZ at 22:11 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。