2005年07月26日

岡八郎師匠(敢えて旧名で)

吉本新喜劇の中心メンバーとして長く活躍された
岡八郎(現名・八朗。本名=市岡輝夫)さんが、
26日午前5時20分、肺炎による呼吸不全のため、
兵庫県尼崎市内の病院で亡くなられたそうです。67歳でした。


岡八郎師匠といえば、
私はこの人をテレビでずっと見てた記憶がありますね。
当時、吉本新喜劇のテレビ中継というのがありまして
(今もやってますが山陰地方ではCSやCATVでしか見られません)
そこには当然、いろいろな人が出てくるわけですよ。

木村進さん、間寛平さん、船場太郎さん、山田スミ子さん、
花紀京さん、原哲男さん、桑原和男さん、池乃めだかさん、
楠本美江子さん、井上竜夫さん・・・。
他にもたくさんの新喜劇役者がいて、
それぞれに持ちギャグを競って、新喜劇の全盛期でした。

で、その時代に岡八郎師匠は生きてきました。

「くっさ〜!」

「えげつな〜!」

「隙があったらどっからでもかかってこんかい」

という、有名なフレーズのギャグもありましたし、
奥目(目が引っ込み気味)という特徴(?)を活かした
小さな仕種のギャグも大好きでした。

その後、新喜劇のテレビ中継からしばらく離れていたら、
新喜劇の再編騒動が起きて、それを機に岡八郎師匠は
別の分野へと進出していくことになりました。

ただ、「古畑任三郎」の第3シリーズに出てたのを見た時には
さすがにちょっとたまげました。
何だか昔の師匠とは別の人みたいにすら見えたのです。
あとでわかったことですが、この頃に胃ガンなどの病気があって
復帰した頃だったんですね。
その後、アルコール依存症にもなったようですが、
娘さんと一緒に克服し、その娘さんと漫才をやるまでに復活した
という話題は記憶に新しいところです。

新喜劇黄金期のスターが、こうして去っていくのは本当に残念です。
もっと見ていたかったし、もっと笑わせてほしかった。
でも、これからは天国を笑いに包んでくれるでしょう。

岡八郎師匠の御冥福を祈ります。
posted by KAZZ at 20:36 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ・映画・本 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。