2005年07月21日

前半戦を振り返ってみよう

現在、J2は第2クールが終わって約2週間の夏休み。
というわけで、今回は湘南ベルマーレのJ2前半戦を
駆け足で振り返ってみましょう。

まずは第2クール終了時点の成績から。

7勝7敗8分 勝点29 得点24 失点29 差−5 第7位

チーム得点王:柿本倫明=10得点
最多連勝:2(第1節〜第2節)
最多連敗:3(第13節〜第15節)

各試合の日程と結果はこちら

去年のこの時期に僅か3勝しかしていなかったことを思えば、
幾分の進歩はあるようです。

とは言っても、7位という順位が示すように
必ずしもここまでのところ、上位に食い込めていませんね。
開幕連勝した時は、このまま波に乗っていけるんじゃないかと
期待をしたんですが、例の如くドロー癖が顔を出し始め、
それが終わると今度は勝ったり負けたりを繰り返し、
結果的に星取上では五分の星勘定になってます。

新戦力はそれなりによくやっているようですね。
DFバリシッチや富山なんてところは
試合にもよく出ていますし、活躍もしてますね。
MFのベテラン、加藤望も獅子奮迅の働きで
チームに貢献していますし、
佐藤悠介も中盤を引き締めています。
途中加入の池田昌弘、梅田直哉なんてあたりも
なかなかいい働きをしているような。

ただ、それにしても何かが足りない気がしますね。
柿本がこの段階で2桁得点(10得点)を挙げているように、
攻めの軸に柿本がいるというのはよくわかりますし、
加藤望もこれによく絡んでチーム2位の8得点を挙げてます。
また梅田も現時点では2得点ですが、
これから更なる得点は期待できると思います。

とはいえ、得点の門戸が狭いような気が
以前からずっとしてるんですよね。
得点力という点でいえば、とにかく柿本と加藤が突出していて、
どうしてもこの2人に頼っている印象があります。
梅田や池田なんてところを獲得したのには、
そうした負担の軽減を狙う意味もあるんでしょうが、
今のところ、その狙いは果たせていないようです。

また、基本的に若いチームなので、
ある程度強引にでも勢いに乗せてやらないと
勝ちきれないという部分もあるような気がします。

ただまあ、幸いにとでも言うべきなのか、
首位の京都サンガはともかく、それ以下は結構混戦状態で、
まだまだ上を狙う余地は十分に残されています

再開後の30日の試合では、2位のアビスパ福岡と
アウェイで対戦することになっています。
ここは重要な試合だと思いますよ。
そしてその次(8月3日)のホームでのザスパ草津戦。
何せ、ザスパ以外の11チーム中唯一、
まだザスパに勝てていないのが湘南ベルマーレなのです
この状態を是が非でも払拭しましょうよ

とにかく第3クール以降は正念場が続きます。
まずは第3クール最初の2戦を、勝負の時と位置づけて、
確実に勝つこと。これが重要な気がしますね。

勝ってくれ!ベルマーレ!
posted by KAZZ at 21:44 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
記事中にあるザスパ草津戦の日付が
以下のように変更になりました。

変更前=8月3日
変更後=8月2日(火曜日)

お間違えないように願います。
Posted by KAZZ at 2005年07月22日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。