2007年08月24日

そのセリフをそっくりそのままお返ししたい

サッカー:J2 中止のサガン戦、1失点“無効”で9月5日再試合 /佐賀(毎日新聞)

まずは、↑の記事を全文引用する。

 今月6日、雷雨で中止され、その後の対応が注目されていたサッカー・J2サガン鳥栖と湘南ベルマーレ戦は9月5日、鳥栖スタジアムで再試合を行うことになった。

 中止が決まった前半終了の時点で、湘南が1−0でリードしていたが、再試合はこれを無効とし、0−0から前後半計90分間戦う。

 岸野靖之監督は「中止ですっきりしなかっただけに必ず勝たないといけない」と決意を述べた。

 入場券は25日から販売。6日の入場券の半券は再試合で使える。払い戻しはプレイガイド販売分は26日、鳥栖スタジアム、委託販売店、サガンドリームス販売分は31日まで行う。

 キックオフは午後7時。問い合わせは同社(0942・81・5290)。

毎日新聞 2007年8月24日
(上の記事より引用。太字・赤字は引用者による)


サガン鳥栖の岸野監督が何か言ってるようですが、


そのセリフをそっくりそのままお返ししたい


・・・という気分になるのは私だけですか?
posted by KAZZ at 21:07 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
だけどしょうがないんじゃないの?
野球だって、試合が成立しなければ
10対0で勝っていようが、
100対0で勝っていようが
0−0からやりなおしですから・・・
Posted by take at 2007年08月25日 02:44
いやいや、しょうがないのはわかったことですよ。
ですから、再試合もキッチリ勝てばいいだけのお話で。

ただ、ベルマーレサポの立場からすると
「鳥栖の監督にそんなこと言われたかない」
「むしろそれはこっちが言うべきセリフだ」
・・・という話です。

元々、問題の試合が中止になったプロセスに於いて、
鳥栖側に運営の不手際があったということが
最大の問題なのですから。
Posted by KAZZ at 2007年08月25日 05:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。