2007年08月14日

ガイナーレさんのつうしんぼ(2)

昨日の続きです。

【15】FW:内山英紀
 故障での出遅れが響いたせいか、6試合出場で無得点でした。その後、事情はどうなったのか知りませんが、退団〜現役引退の運びになりました。
 昨季は17得点とダントツのチーム得点王だったのですが、出遅れやそれにも起因するポゼッションサッカーへの対応遅れなど、内山にとっては悔いの残るシーズンだったと言えます。
 引退に至る経緯は知りませんが、とにかく残念としか言えません。


【16】DF:青柳雅信
 相変わらず、プレーの善し悪しに波がありすぎる印象を受けます。今季はDF固定で出場する機会の多い青柳は、いい時はしっかりと自分の役割を果たし、守りの砦として的確な動きを見せるのですが、ダメな時になるととにかく慌てふためく傾向が昨季から見受けられます。
 青柳には、まず落ち着いてプレーすることを望みます。プレーをゆっくりしろというのではありません。慌てずに周りを見てプレーしろということです。彼には、それができるはず。しっかり頑張ってほしいですね。


【17】MF:鶴見聡貴
 移籍後初登場となった4月のロッソ熊本戦@布勢では、いきなり鮮烈な活躍でデビューを果たし、一躍注目選手になったのですが、そのことを思うと、現況の鶴見には些かの不満が残ります。
 豊富な運動量を下支えにした攻撃への寄与は素晴らしいのですが、時々それが周囲との噛み合わせ不良を生み、鶴見自身が空転している印象を受けるのです。
 もちろん、周囲にも問題はありますが、鶴見の側ももっといろいろ要求していいと思うんですよ。事実上、不動のレギュラーですし、現行戦術の柱みたいなもんですから、もっと自分がやりやすいように要求してみてはどうでしょうか。


【18】DF:樋口大輝
 縦へのスピードというか、突破力は目を見張るものがあるのですが、守備面にちょっと難を残す部分があるようです。その様子は加入してしばらくの間の田村を思い起こさせます。
 樋口には、攻守の切り替えやバランスを、もっと意識してほしいです。サイドバックなのですから、それはとても重要ですよ。


【19】DF:田村和也
 今季はDFとしてすっかり定着し、特に最近はCBとして新境地を開きつつあります。元々攻撃指向のプレーヤーだったはずが、どこかで守備の面白さにも気づいたのでしょう。
 もちろん、プレースキックという武器も持っており、その意味では頼れる選手だと言えます。そのスピードで幅広いエリアをカバーできるのは魅力ですので、これからもできればCBで起用してほしい選手ですね。


【21】GK:修行智仁
 ずっとサブ登録で、出場はありません。井上の壁は高いですが、腐らずに頑張ってほしいものです。

【22】FW:増本浩平
 FWに始まりMF、そしてDF、そしてまたFW、というように、まるで便利屋の如くあちらこちらに起用されています。それを、いわゆるポリバレントな選手、またはユーティリティプレーヤーという名で呼んでもいいのですが、首脳陣の増本の扱いを見ていると、そんな小難しいことより、「便利屋」という(あまり好ましからざる響きもある)言葉が頭に浮かんできます。
 そのせいか、不調気味だった昨季より、更に増本自身が混乱しているような気がしてなりません。また、その影響で増本が元々武器にしていたはずの前への推進力も、ここのところ影を潜めつつあります。
 首脳陣には、彼をいたずらに配転して混乱させるのではなく、もっと特定ポジション(特にFW)に固定して使ってあげてほしいです。それでなくてもFWの選手層が殊更に薄いガイナーレですから、彼の存在は非常に大きいと思うのですが・・・。


【23】GK:三好毅典
 故障続きで出場はおろか、サブ登録すらありません。本人が至って明るく振る舞っているのだけが救いでしょう。

【24】MF:金正旭
 ・・・ところで、最近彼を全く見ないんですが・・・。

【25】DF:田尾知己
 米子での開幕前イベントで奇天烈なパフォーマンスをしただけ、というのが田尾の印象で、プレーに関しては安定性よりも危なっかしさしか感じませんでした。
 現在、滋賀県のFC Mi−Oに期限付き移籍中ですが、あちらでは元気にやってるんでしょうか?


【26】FW:ヴィンセント・ケイン
 入団前の触れ込みとは違い、スピードはあまり感じません。むしろ、高そうな身体能力と素質だけでやってるような印象です。もちろん、それだけでもいいとは思うんですが、もう一段突き抜けて良い選手になるには、技術面を上げてほしい気がします。
 また、起用するならウインガーやシャドーではなく、デンと構えることができるCFで起用してあげたい選手だと思います。その方が彼のでっかい存在感が生きてくると思いますよ。
 とにかく若いのですから、これからに期待したい選手です。


【27】FW:釜田佳吾
 井上に続く、今季最大のヒットでしょう。物怖じをしない度胸の良さは、まさに新人離れした素晴らしいものがあります。現時点でチーム得点王の働きを見せているのも、なるほどと頷けるものがありますね。
 ここのところちょっとペースが落ちてきているのは、やはり初のJFLの長いシーズンで疲労が蓄積してしまっているからでしょうが、しばらく試合がないのですから、休める時にはしっかり休んで、体調を戻せるようにしてほしいもの。
 釜田はまだまだこんなものではないと思います。まずは2桁得点を目標に、後半戦の残り試合を戦ってほしいところです。


【28】DF:下松裕
 下松に関しては、コメントが難しいですね。力はあるし、良い選手なんですが・・・。

 ともあれ、現在は古巣のバンディオンセ神戸で活躍中です。


【30】MF:畑野伸和
 元々コーチで、5月ぐらいから選手も兼ねるようになったわけですが、練習で動きがいいからといって試合でも通じるとは限らないだろうと思っていたら、案の定そうでした。
 その後、多少でもプレーが向上したり改善されたかと思いきや、向上も改善もしない有り様。なのに首脳陣は彼にピッチとベンチの橋渡しを任じて起用し続けるような状態・・・。
 こんなことは言いたくないのですが、畑野はもう自分から選手登録を外してもらうべきですよ。彼自身も自分のプレーレベルがJFLのそれに到達していないことは十分に身に染みているでしょう。
 だったら、大義名分ももうそろそろ有効性を失いつつある今、思い切って自身の選手登録解除を言い出してもいい頃です。


【31】FW:秋田英義
 一番最近加入してきたベテランです。FC刈谷で今季7得点という攻撃力は伊達ではなく、また運動量もベテランにしては豊富で、ガイナーレの攻撃面で新風を巻き起こしつつあります。
 あとは、他の選手との連携を何処まで高めていけるかでしょう。それさえ向上すれば、彼の持つ得点力が、今後遺憾なく発揮されてくるような気がします。



・・・と、こんな感じで。

監督やコーチ、果てはフロントについても書こうと思ったんですが、
今回は止めときます。
posted by KAZZ at 18:35 | 島根 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
はじめまして。
セントラル中国を応援しております。浜田のじゃいきちと申します!
僕も何度か東山で、観戦させてもらいましたが、正直、お金を払って見る試合ではありませんでした。(今年は特に1試合の単価も上がりました・・・シーズンチケットは格安ですが・・・)

最近は結果でしか、わかりませんが、とてもJを目指してるとは思えないような(*^_^*)

よそのチームとはいえ、厳しい意見で、申し訳ございません。

2年後あたりにJFLで対戦できるのを楽しみにしております。(またまた、すいません)
Posted by 浜田のじゃいきち at 2007年08月16日 16:16
浜田のじゃいきちさん、初めまして。

私もセントラル中国の試合を
たまに見させていただいてます。

>正直、お金を払って見る試合ではありませんでした。

まあ、たまにいい試合もしますよ。
たまに、ですが。

>とてもJを目指してるとは思えないような(*^_^*)

いや、それは当方サポーターの多くが思っていることです。
それを何とかするのが、選手・首脳陣・クラブだと思うのですが・・・。

>2年後あたりにJFLで対戦できるのを楽しみにしております。

その頃にはこちらもJ2へ・・・

・・・と言いたいところですが、さて。
Posted by KAZZ at 2007年08月16日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。