2005年07月11日

早すぎるよ、破壊王よ・・・

プロレスラー・橋本真也、死す

・・・とてもショックだ。


かつて、新日本プロレスにおいて、
武藤敬司(現・全日本プロレス社長)・蝶野正洋と共に
闘魂三銃士と呼ばれ、将来の幹部と嘱望されたこともあった。
その巨体から繰り出される如何にも重そうな蹴りは
一本気そうな彼の代名詞だった。
そしてそのスタイルから、人は彼を「破壊王」と呼ぶようになった。

やがて、彼は終生のライバルであり盟友でもある
小川直也と出会った。
初めは新日本マットに土足で踏み込んできた外敵と、
その外敵から新日本マットを守るための男、
という間柄だったのが、闘い合ううちに共感を抱き、
気がつけば橋本は新日本を去り、ZERO−ONEという
新たな闘いの場を作って、小川とOH砲を結成し、
息の合った闘いを繰り広げていく。
ただその後、ZERO−ONEの経営悪化の責任を取り、
団体の社長の座を降りた上で離脱して、フリーの身になった。

最近は右肩の具合が良くなく、手術をしており、
そのリハビリ中だったそうだ。

それにしても、本当に残念だ。
40歳になったが、身体さえ戻ってくれば、
まだまだ一線を張れる選手だったし、
それだけの力量を持っていると言える選手だったのに・・・。

同時代を駆け抜けてきた心優しく強き破壊王
橋本真也さんの御冥福を心より祈る
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
 若いですよね。まだまだ活躍する姿を見たかったです。

 でも一時代を築きましたね。彼は、この世を去りましたけど、忘れることのできないレスラーの一人です。

 とりあえず、あの世でゆっくり休んで欲しいです。今までありがとう!
Posted by 和田浜 at 2005年07月11日 22:41
闘魂三銃士と呼ばれていた若い頃から
彼のファンでした。
彼はよく相手選手を蹴っ倒したあとに
「どうだ!」ってな表情をするんですが、
あの表情がたまらなかったですね。

まさかこんなことになるとは・・・。

正直、まだ信じられない気持ちですね。
Posted by KAZZ at 2005年07月11日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。