2007年07月30日

カール・ゴッチ氏、逝去

カール・ゴッチさん:“プロレスの神様”82歳で死去(毎日新聞)
ゴッチ氏死去:プロレス・ブームの“精神的支柱”(毎日新聞)
「プロレスの神様」カール・ゴッチ氏死去(日刊スポーツ)

ゴッチさん、亡くなられたそうです。
正直、驚きました。

日本のプロレス界に多大な影響を与えた方なんですが、
ゴッチの前にゴッチなく、ゴッチの後にもゴッチなし
というのが個人的なゴッチさんの印象ですね。

ゴッチさんのスタイルは日本で様々な系統進化を遂げたのですが、
本当の意味でゴッチイズムを継承したレスラー/団体は
果たしてどれだけあったのか、という気がしています。
恐らく、そんなレスラーや団体はないというのが正しいでしょう。

新日本プロレスのストロングスタイルにしても、
UWF系各種団体にしても何にしても、
ゴッチスタイルの亜流というか、エピゴーネンというか、
そういう風に思えてしまうことが間々あります。

もちろん、これらはこれらで一時代を築いたのですから、
それ自体は高く評価されて然るべきでしょうけれど、
いわゆる「ゴッチイズム」を内包する量は
彼ら自身が思っているほどでもないような気がします。

そういう意味で、真の後継者を育て上げられなかったことが、
恐らくゴッチさんにとって、悔いが残る唯一のことかもしれません。
(まあ、あくまで私の勝手な想像に過ぎませんが)

兎にも角にも、日本のプロレス界の中興の祖であり、
今に至っても多大な影響力を残すプロレス界の偉人、
カール・ゴッチさんの御冥福を心より祈ります。
posted by KAZZ at 21:22 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。