2005年07月10日

第10回島根県サッカー選手権決勝戦

テレビ観戦でも別に良かったんですが、
せっかくの松江開催ということで行ってきました。
たぶん、益田の県営サッカー場であったら
行ってなかったんじゃないかと(をぃ

選手たちは2日連続の試合で大変だったかもしれませんが、
そんな日程を組んだ島根県サッカー協会がいけませんです。

というわけで、対戦カードは、以下の通りになりました。

FCセントラル中国 vs 大社高校

FCセントラル中国の方は、前日の準決勝で中国リーグ参戦中の
石見FCを下しての2年連続決勝進出。
まあ、前年の決勝戦と同一のカードでもありますし、
事実上の決勝戦だったなんてな声もチラホラとありましたが。

一方の大社高校は島根県社会人リーグ1部のFCいずもを下して
決勝進出を果たしております。FCいずもというのは、
セントラル中国との県リーグ公式戦をたまたま見る機会があって、
その時のことをこのエントリで書いてますが、
正直、そんなに強いという印象を持てませんでした。
なので、社高が勝ったと知った時は「ああ、やっぱり」と思いました。

さて、では写真入りで試合の模様など。

松江市営陸上競技場には昼前に着いたんですが、
そこで出会ったのは、SC鳥取ホームゲームにおける
スタジアムMCとしてお馴染みのV−AirのINAさんでした。
どうもこの大会におけるMCを任された御様子。
そう言えば、昨年も天皇杯2回戦でMCを担当されてましたが、
この大会に関しては今回初めて依頼を受けた模様。

そのINAさんとしばらく話をしたあとは、
しばしスタンドをぶらついてました。
すると、こんな光景に。

フェアプレー旗持込練習

どうやら試合前の選手入場時に行われる
フェアプレー旗の持込を練習していたようです。

さて、では両チームのスタメンを。

セントラル先発
社高先発

セントラル中国にはブラジル人選手が数名いますが、
確認したところ2名が控えに入っていました。
うち1名は途中から交替出場しています。
ちなみに、審判団はこちら。

審判団ほか

そして選手入場。

選手入場

画像にはありませんが、事前の練習が功を奏したのか、
フェアプレー旗は無事に(?)持ち込まれ、掲げられました。
で、両チームの選手画像を下に。

セントラル選手
社高選手

白地がFCセントラル中国、赤が大社高校です。
メインスタンドから見て右エンドを取ったのがセントラル、
左エンドを取ったのが大社高校でした。

では、試合中の写真を。まずは前半。

前半の攻防・1
前半の攻防・2
前半の攻防・3
前半の攻防・4
前半の攻防・5
前半の攻防・6
前半の攻防・7
前半の攻防・8

前半は概ねFCセントラル中国ペースでした。
ただまあ、2日連続での試合の影響なんでしょうか、
どうも動きが鈍くて、特に最後のショットの際に
正確性を欠く場面が散見されました。
また、前半40分を前にセントラルMFの岡本(#7)が負傷退場し、
(代わって入ったのは#8戸高。そのまま岡本の仕事を継承)
セントラルにとって少々嫌なムードが漂い始めた矢先に、
セントラルFWの佐伯周次郎(#18)が先制点を浴びせます。
そのまま前半が終わって1−0。セントラルがリードします。

さて、後半です。

後半の攻防・1(2点目直後)
後半の攻防・2
後半の攻防・3
後半の攻防・4
後半の攻防・5

後半も基本的にはセントラルペースでした。
途中、#11マルセロガウショ投入で攻撃の活性化を図ったようですが、
マルセロガウショは大して仕事をしていません。
むしろこの日は、結果的に言えば佐伯の当たり日でした。
佐伯はこの後半も18分、26分とゴールを叩き出し、
気がつけばハットトリック達成という大活躍でした。

さて、私が個人的に注目していたのはセントラルGKの林。
ただ、この日の彼はコーチングなどはいつも通りなんですが
いかんせんキャッチングに少々難がある点を露呈したようで、
2度ほど捕ったボールをこぼす場面が見られました。
安定したキャッチングがこの日の課題だったかもしれません。

大社高校も前半から果敢に攻撃を仕掛けようとするんですが、
どうにもうまいことはぐらかされるような場面が多く、
なかなかフィニッシュにまで持ち込めません。
しかし、セントラルの選手たちに疲労感が出始めた後半は
攻め込める機会も増えてきたようです。
ただ、社高も社高で2日連続の試合をやっている身なので、
こちらも時間の経過と共に疲労が出てきて、
最後はバタバタになってましたね。

セントラルの方は監督の指示なのか何なのか、
終盤に来てもセットプレー時に選手を前に多く置き、
攻撃に意欲的な雰囲気を覗かせていました。
どうもイケイケドンドン的なサッカーを志向してるようですね。

で、試合は結局このまま終了しました。

試合終了

第10回島根県サッカー選手権決勝

FCセントラル中国 3−0(1−0、2−0) 大社高校

<得点>
セ中)佐伯3(43'、63'、71')
社高)なし

で、私はこの段階でカメラをしまい込んだのですが、
このあとにハプニングがありました。
表彰式の最中に、セントラル主将の庄司選手(#10)が、
受け取った表彰状をスタンドに向かって掲げたまでは良かったのですが、
何かの拍子でそれを落としてしまったのです。
彼は風に舞う賞状を追って拾い歩く始末。
この場面、中継では抜いてたんでしょうか?(笑)

でまあ、あとは例によってセントラル中国恒例の(?)
胴上げセレモニーがありました。対象になったのは、
若三監督及び林(DFの方。#5)・庄司両選手でした。

セントラルのサポーター諸氏、
特にブラジルから来たと思われる女性の
迫力あるシャウト(笑)が印象的でした。
posted by KAZZ at 20:44 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のサッカー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。