2005年07月09日

勝ちにいくのはいいけれど

J2第20節@笠松

水戸ホーリーホック 4−1 湘南ベルマーレ

<得点>
水)須田(55')、デルリス2(60'、89')、磯山(81')
湘)梅田(27')

勝ちにいきたいというのはプロだからして当然のこと。
しかし、現行の守備陣が持ちこたえられなかったことと、
攻撃にもう一つパンチがなかったことは事実。
今回は、テコ入れのポイントを何処にすべきかの判断を
上田監督が間違えたための敗戦、という気がする。

相手の要注意選手であるデルリスに2点も喰らってしまうというのは、
明らかに彼へのケアが不足していた証拠と見ていいし、
攻撃的に行くという意味の交代が結果的に機能しなかったのは、
上田采配のミスと受け取られても仕方がない。

やっぱりバリシッチをスターターに戻して、
守備に落ち着きを取り戻したい。

勝ったり負けたり一進一退の状況が続く最近だが、
そろそろ勝ち癖をつけるようにしないと上位が危なくなってくる。

次節からの巻き返しに期待する。
posted by KAZZ at 15:29 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・05年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。