2004年08月24日

アニマル浜口という人

女子レスリング代表・浜口京子のパパとしてお馴染みだが、
私にすれば、国際プロレスのスターであり、
国際プロレス崩壊後、新日本プロレスに「はぐれ軍団」として
勇躍殴り込みをかけたプロレスラーとしての方が印象深い。

知っている人も多いと思うが、
この人は元々ボディビル出身で、
レスリングの基礎をほとんど知らない。
しかも、レスラーとしては小柄な部類に入る身体。

プロレスはレスリングという名前こそついていても
いわゆるアマレスとは似ても似つかない。
技術の習得は大変だったと思う。
ただ、修業先のアメリカでは、師匠のカール・ゴッチに
いちばん気に入られるほど練習をしたという。

そうした努力の甲斐あって、
あの新日マット殴り込み事件を機に、
一気にプロレス界の愛されるスターに上り詰めた。
引退後は後進の指導に当たり、多くのプロレスラーを育てた。

今は娘との二人三脚ばかりが注目されているが、
プロレスを誰より愛し、理解した浜口さんこそ、
プロレスの誇りと言っていい。

こういうレスラー、今はいない
posted by KAZZ at 20:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。