2005年07月04日

シーザリオに続け!

いやはや、シーザリオと福永祐一がやってくれた。
第4回アメリカンオークスを見事に制覇したのである。
それもぶっちぎりの1着だ。
アメリカンオークスというレースは第4回という回数からもわかるように
近年始まった歴史の浅いレースで、
前年の第3回には、あのダンスインザムードが武豊と共に参戦したが
惜しくも2着に終わっていた。
芝10ハロン(約2,000m)のレースである。
そこで1分59秒03という時計は、結構優秀だと思う。

シーザリオは父がスペシャルウィーク、母がキロフプリミエール、
母の父にSadler's Wellsという血統の持ち主。
日本では既にフラワーカップ(G3)と、オークス(G1)を勝っていて、
唯一負けたのが桜花賞(G1)だけという、5戦4勝の実績馬だ。
それがアメリカに単身乗り込み(本当はディアデラノビアも帯同予定だったが、
故障のため帯同できなかった)
見事にG1勝利と相成った。

福永騎手の騎乗も見事だったが、何と言っても馬が素晴らしい。
3角で一気にハナに立つと、後続に影も踏ませずそのまま押し切った。
桜花賞の時にも、オークスの時にも、こいつは恐ろしく強いなと
感嘆して見ていたが、今回の圧勝劇には驚いた。

ともかく、この馬が歴史の浅いレースとはいえ
アメリカのG1レースを勝ったことの意義は大きい。
今後に更なる期待が持てる。

それにしても、本当に素晴らしいことだ。
シーザリオ、福永騎手、角居調教師とそのスタッフ、
そしてオーナーはじめ関係者の皆さんに、
心からおめでとうの言葉を贈りたい。
posted by KAZZ at 19:56 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。