2007年07月17日

アドマイヤムーンのゴドルフィン移籍

ムーンにゴドルフィンが40億円オファー(日刊スポーツ)

ま、仮に近藤利一のおっさんが、これを承諾したとしましょう。
恐らく転厩先はサイード・ビン・スルールさんとこになると思います。

で、この馬が例えば日本のレースに出走するとします。
その時、騎手を誰に頼むのか。

専属のフランキー・デットーリかもしれないし、
デットーリが他の馬に乗るというのであれば、
案外と、武豊とのコンビが復活するかもしれない、
なんてこともあるかもしれませんよね。

武は実際、ゴドルフィンのハートレイクに乗って
安田記念を制したこともありますから
可能性がゼロとまではいかないでしょう。

で、仮に武豊がゴドルフィンのアドマイヤムーンを駆って
日本のG1なんぞ勝ったとしましょう。
それを見て、ゴドルフィンにこの馬を譲った近藤利一のおっさんは、
これをどう思うか、ですね。
自分が切った騎手に意趣返しをされた、とでも思うんでしょうか。

ま、そういうのもありだと思って近藤のおっさんが
ゴドルフィンにこの馬を譲るんであれば、別にいいんじゃないですか。
むしろ、天下のゴドルフィンに目をつけられたっていうことは、
大いなる名誉だと思わなきゃいけませんよ。

もしも近藤のおっさんがこの話を断るんだとしたら、
たぶんこの人、世界の競馬界で笑い物になると思いますよ。

いいじゃないですか、40億ももらえるんですから。
有り難い話だと思ってゴドルフィンに譲ったらいいんですよ。
posted by KAZZ at 22:07 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。