2005年06月23日

そういつもいつもうまくはいかない(コンフェデ・ブラジル戦)

コンフェデ杯のブラジル戦は2−2の引き分けだったようですね。
それにしてもロナウジーニョってぇのは、
ありゃただもんじゃありませんよね。
今の彼は、サッカーの神様に好かれちゃってるんでしょうな。
彼がブラジルの2得点に絡む映像を見て、
本気でそう思っちゃいましたよ。

さて、翻って我らが日本代表。
1点先行されたあと、中村俊輔が豪快なミドルを叩き込み、
後半終了間近になって、その俊輔のFKから大黒が同点ゴールを挙げ、
イケイケムードのままドローに持ち込んだことは、
確かにいいことなのかもしれません。
あのままやっていたら、ひょっとしたら逆転できたかもしれないし、
それぐらいの勢いは、あの試合の日本代表にはあったと思います。

ただ、だからこそ心に留めておきたいのは、
「そういつもいつもうまくはいかない」ということです。
確かにあのブラジル相手に互角の戦いをして
惜しくも勝てなかったもののドローに持ち込めたという事実は
今後も残るでしょうし、その中身も評価されるでしょう。
しかし、逆に考えると、日本はこの大会に臨むに当たって
「W杯予選を1番に抜けてきた」ことに起因する勢いがあって、
それ故に闘いモードがその勢いによって加速された状態で
今回のコンフェデ杯に臨めたということもあると思うんですよ。

奇しくもW杯アジア予選(及び強化試合)で経験してきたように
幾つかの試合の中には山も谷もそれなりにあって、
その時の対処法を間違えてしまうと
思わぬピンチを招きかねないのですが、
今後、現状の勢いが少しずつ低下していく中にあって、
今回のコンフェデ杯(特にギリシャ戦以後)のような
戦い方が何処までできるのかという課題はついて回るでしょう。

1年なんてアッという間に過ぎていくものです。
今のうちから、勢いがリセットされた状況において
何処までチームの瞬発力(短期決戦ではこれが最も重要)を
高めていくことができて、且つ確固たる自分たちのスタイルを
築き上げていけるのか。

そのためには、多くの可能性を試し、
そこからベストウェイを見出す作業を徹底的に繰り返すことで
チームを作り上げていくのが最もいいのかもしれません。
posted by KAZZ at 20:19 | 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
 正直、2-2というスコアは意外でした。もっとロースコアになるか、点差が離れるかと思っていました。

 ハイライトを見ると、中村選手が魅せてくれたみたいですね。1点目の隙あらば打っていく姿勢は良かったと思います。2点目は大黒選手でしたか、よく詰めていましたね。

 でも、これで満足してもらっては困りますよね。1年後に向けて、本当のスタートが切られましたね。快進撃を実現するために努力してもらいいたいものです。
Posted by 和田浜 at 2005年06月23日 21:29
私もダイジェストしか見てませんが
俊輔がやけにキレキレに見えたのが印象的でした。

大黒はどこから出てきたのかと思いましたが、
やはりFWらしく得点の匂いを
うまく嗅ぎ取っていたようです。

このあとは東アジア選手権が控えていますが、
どういう風にレベルアップしていくのか
結構興味があります。
Posted by KAZZ at 2005年06月23日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。