2007年06月05日

凡戦の戦犯は誰?

キリンカップ第3戦@埼玉スタジアム2002

キリンカップ Rd.3@埼玉スタジアム2002
日本代表00-00コロンビア代表
0-0
13鈴木啓【警】

4中田浩→15今野【替】
28稲本→8羽生【替】





7遠藤保→9巻【替】

10中村俊→17藤本淳【替】
19高原→12播戸【替】
前33'
前42'
HT
HT
後06'
後12'
後17'
後21'
後24'
後35'
後35'
後43'
後45'
後46'

【替】10→15


【警】6
【替】13→17
【替】18→11
【警】14
【替】8→19

【替】7→9


【警】3


<得点>
JPN)なし
COL)なし

<日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1川口
DF: 3駒野、 4中田浩(HT→15今野)、22中澤、 6阿部
MF: 7遠藤保(後35'→ 9巻)、10中村俊(後43'→17藤本淳)、13鈴木啓、14中村憲、28稲本(HT→ 8羽生)
FW:19高原(後44'→12播戸)

(出場しなかったサブ)
GK:23川島
DF:27水本、 5橋本英、24本田圭
MF:16山岸、21水野
FW:11佐藤寿

<警告・退場>
JPN)13鈴木啓(前33'・警)
COL) 6バルガス(後06'・警)、14L・ペレア(後21'・警)、 3ジェペス(後46'・警)

<3試合の結果>
1:日 本 1勝1分
2:コロンビア 1勝1分
3:モンテネグロ 2敗

※大会レギュレーションにより日本が優勝。


この(日本にとっての)凡戦の戦犯はいったい誰なんでしょうか。

難しいところですが、結局、わけのわからない煽りで
いたずらに盛り上げてしまったマスコミなのかなと思ったり。

海外組、と一言で言いますが、
彼らのコンディションが必ずしも万全ではない以上、
あまり彼らに過剰な期待を寄せるのはどうかと思うんですよ。
海外組と呼ばれる4人の選手たちは、
間違ってもスーパーマンや全知全能の神じゃありません。

分け隔てなく、個々の選手として見てあげたらどうです?

こうなるのも、ある意味では仕方のないことですよ。
posted by KAZZ at 21:35 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。