2007年05月28日

完膚無きまでに

第74回 東京優駿 結果(JRA)

正直、レース見てて思わず笑っちゃいましたね。
「何だ、この化け物みたいな馬は」って。

一応、予想はしたんですよ。
東京に強いトニービン絡みってことで、
ジャングルポケット(父がトニービン)産駒の
タスカータソルテとフサイチホウオー、
そして母の父にトニービンがいるヴィクトリーを中心に。

そして、ウオッカも考慮には当然入っていました。

まあ、そんなもんを軽く凌駕するような
化け物じみた直線でのスパートぶりでしたけどね。
まさに「完膚無きまでに」残る16頭の牡馬を蹴散らしました。

逃げたアサクサキングス(2着)やサンツェッペリン(4着)が
上位に残っていることから見て、ペースはそう速くなかったんでしょう。
しかし、上がり3Fを33.0秒という
全馬中最速の上がりで出し抜かれては、どうしようもないですよ。

ドリームジャーニー(5着)が33.1秒という
ウオッカに続く速い上がりで追い込んできましたが、
これは向こう流しでの位置が後ろ過ぎたことが影響して
掲示板にようやく載るというところまで。

アドマイヤオーラ(3着)も上がりは33.7秒と
それなりに速かったんですが、
坂の途中でフサイチホウオーに寄っていくような様子を見せたりして、
岩田康誠が相当いっぱいいっぱいに乗っていたらしいことが窺えます。
(というか、武なら恐らくこんな風には乗りませんよ・・・)

ま、それにしてもウオッカです。
四位洋文もこの馬を熟知して、本当にいい騎乗をしました。
直線で3馬身差の一人旅をして、勝ち方も実に格好良かったです。
観覧に来られた皇太子殿下も御満悦の様子でしたね。

そして、どうも凱旋門賞に登録したとの話も出ているほど、
角居師や谷水オーナーは自信をお持ちの御様子。
しかも、角居師に至っては、最終レースの目黒記念(G2)でも、
管理馬のポップロック(武豊騎乗)で勝っちゃってます。


とにかく、この恐るべき女傑は、今後何処まで行くんでしょうか。
興味は尽きません。
posted by KAZZ at 21:44 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。