2005年06月09日

個人的に選ぶ史上最強のヴォーカリスト

独断と偏見がかなり入ってますが、その辺は御容赦を。
なお、一応ランク付けはしてますが、基本的には順不同です。
では、早速。

1位:ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)
 やはり私の中ではこの人が一番ですね。エモーショナルな歌も
レイドバックした歌も、テンポの速い歌も、自分の色でひたすら
歌いきってしまうところなんか、もう天下一品ですね。

2位:オーティス・レディング
 バラードやらせたらこの人を上回る人はいないでしょう。まさに
「ビッグO」ですよ。今も存命なら、途轍もなく味わい深い歌を
世に届けれくれていたかも。

3位:フレディ・マーキュリー(クイーン)
 キワモノじみた扱い方をされますが、この人の歌い方はグッと
来ますよ。近年、ポール・ロジャースを迎えてクイーンが再結成
したとか言ってますが、ポール・ロジャースはポール・ロジャース。
フレディと比べてはいけません。

4位:アニー・レノックス(ユーリズミックス)
 うますぎですよ、この人。以前エイズチャリティのコンピCDで、
コール・ポーター作の「Ev'ry time we say goodbye」という曲を
ピアノ伴奏をバックに切々と歌ってたんですが、あれを聴いて、
一気にノックアウトされてしまいました。

5位:植木等(クレイジー・キャッツ)
 日本が誇る天才男性シンガーだと思いますよ。クレイジーといえば
そのギャグばかりが語られますが、植木さんの歌(これに谷さんや
ハナさんの歌も加わるとなおパワーアップ)こそ、クレイジーの神髄
と考えますね。

6位:ミック・ハックネル(シンプリー・レッド)
 シンプリー・レッドのデビューアルバムを聴いた時、とても渋いな
という印象を得た記憶があります。ここ最近の作品は聴いてませんが
あの渋さで今も活躍してるんでしょうね。

7位:エリック・バードン(アニマルズ)
 歌がそれほどうまいとは思わないのですが、知らないうちに彼の
世界にグイグイ引き込まれてしまう気がいつもします。それもまた
彼の得難い個性なのでしょう。

8位:美空ひばり
 その昔、フジテレビでやっていた「北野ファンクラブ」のテーマに、
ひばりさんが歌う「Stardust」が使われていたことがありましたが、
あれはたまりません。日本のレコーディングアーティストがカバーした
海外の原語による曲の中では、掛け値なしにナンバー1でしょう。

9位:越路吹雪
 あの押しの強さは他の誰にも真似ができないでしょうね。素晴らしい
歌唱をする人ですよ。

10位:ダリル・ホール(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)
 近年でも幅広く活躍するお方ですね。昔から味わいのある声だなあと
思っていますが、最近では円熟味もありますね。

以下、こういう人たちも好きですよ。

★グリーン・ガートサイド(スクリッティ・ポリッティ)
★マドンナ
★キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
★ボブ・ディラン
★中森明菜
★グレン・グレゴリー(ヘヴン17)
★サム&デイヴ
★W.アクセル・ローズ(ガンズ&ローゼズ)
★テレンス・トレント・ダービー
★ジョー・ストラマー(クラッシュ)
★ロディ・フレイム(アズテック・カメラ)
★鈴木康博(オフコース)
★沢田研二
★ハナ肇(クレイジー・キャッツ)
★谷啓(クレイジー・キャッツ)
★ティナ・ターナー
★トレイシー・ソーン(エヴリシング・バット・ザ・ガール)
★バディ・ホリー
★ザ・ビッグ・ボッパー
★ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)
★カール・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)
★マーサ・リーヴス(マーサ&ザ・ヴァンデラス)
★アレサ・フランクリン
★三波春夫
★ポール・キャラック(マイク&ザ・メカニックス)
★フィル・コリンズ
★ボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ)
★坂本九
★ジャック・ブルース(クリーム)
★レイ・デイヴィス(キンクス)
★ロジャー・ダルトリー(ザ・フー)
★ウィルソン・ピケット
★ソロモン・バーク
★トム・ウェイツ
★ロッド・スチュワート
★ディー・スナイダー(トゥイステッド・シスター)
★エリック・マーティン(Mr.Big)
★フィリップ・ライノット(シン・リジィ)

挙げるとキリがなくなるので、この辺で。
個人的には皆甲乙つけがたいお歴々ばかりです。
posted by KAZZ at 21:20 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他音楽 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。