2007年05月09日

10試合を終えてのJFL、そしてその中に於けるガイナーレ鳥取の位置づけ

ということで、10試合終えてのJFLを簡単に振り返ってみます。

<順位>
1:佐川急便SC    勝点25 8勝1分1敗 得点25 失点7 差+18
2:ロッソ熊本     勝点24 8勝0分2敗 得点19 失点6 差+13
3:FC岐阜      勝点23 7勝2分1敗 得点14 失点5 差+9
4:YKK AP    勝点20 6勝2分2敗 得点25 失点16 差+9
5:栃木SC      勝点20 6勝2分2敗 得点14 失点5 差+9
6:アローズ北陸    勝点19 5勝4分1敗 得点9 失点5 差+4
7:横河武蔵野FC   勝点18 5勝3分2敗 得点14 失点6 差+8
8:Honda FC  勝点15 4勝3分3敗 得点13 失点10 差+3
9:ジェフリザーブス  勝点14 3勝5分2敗 得点11 失点10 差+1
10:TDK SC    勝点11 3勝2分5敗 得点7 失点12 差−5
11:流通経済大学    勝点10 3勝1分6敗 得点11 失点15 差−4
12:三菱自動車水島FC 勝点10 3勝1分6敗 得点10 失点14 差−4
13:佐川印刷SC    勝点10 3勝1分6敗 得点9 失点17 差−8
14:FC刈谷      勝点9 3勝0分7敗 得点14 失点19 差−5
15:ガイナーレ鳥取   勝点8 1勝5分4敗 得点7 失点13 差−6
16:FC琉球      勝点8 2勝2分6敗 得点8 失点20 差−12
17:アルテ高崎     勝点4 1勝1分8敗 得点2 失点14 差−12
18:ソニー仙台FC   勝点4 1勝1分8敗 得点8 失点25 差−17

さてまあ、我らのガイナーレは見ての通りの体たらくですが、
それにしても得点数がブービータイ(7得点)というのは・・・。
しかも、先日対戦したTDK SCとほぼ同レベルですよ。
ただ、あちらは3勝してますが、こちらは1勝止まり。
試合に関して抜け目の無さが足りません。

一方、上位はかなりの接戦になってるようです。
栃木や岐阜は堅守が光りますね。
一方で、ガイナーレより失点が多いYKK APは、
首位の佐川急便SCと同じく破壊的な攻撃力で上位につけています。

面白いのは、6位のアローズ北陸です。
得点数が9点ですが、失点も6しかなく、
それでいてこの順位という、ちょっと珍しいことになってます。

さて、ガイナーレ鳥取に話を戻しますが、
まずは得点力を上げること。これに尽きます。
それを手っ取り早く達成するためには、
もっと積極的に攻めに出ないことには話になりません。
ガイナーレのようなチームにとって消極性は最大の敵です。
とにかく攻撃的に、勝ちに行く姿勢をもっと見せてほしいです。
posted by KAZZ at 22:05 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。