2007年05月07日

栃東の引退

栃東引退:「あきらめない姿」見せ続け ファンの共感呼ぶ
大相撲:大関・栃東が引退 脳梗塞の跡「気力なくなった」(以上、毎日新聞)

栃東も随分考えたようですが、
やはり引退するより他になかったんでしょうね。
30歳での引退は早すぎると思いますし、残念ですが、
病気が病気だけに致し方ないのでしょう。

現役当時は2回の大関陥落→復帰という波乱の土俵人生でしたが、
逆に言えばそれだけ一生懸命に相撲を取っていたということで、
それが即ち栃東という力士の人柄なのでしょう。

栃東関。13年間お疲れ様でした。
posted by KAZZ at 21:27 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。