2007年05月06日

で、結局何がしたかったの?

JFL前期第10節@バード

JFL前期第10節@バード
ガイナーレ鳥取11-11TDK SC
0-0

27釜田【得】

22増本【警】

17鶴見→14川田【替】
8中垣→2安東【替】

16青柳→11西村【替】
前05'
前34'
HT
後11'
後22'
後26'
後28'
後32'
後33'
【得】26池田

【替】13木村→9富樫

【警】6高林


【替】5加賀→20横山


<得点>
鳥)27釜田(前34')
T)26池田(前05')

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上
DF:16青柳(後33'→11西村)、 3山村、19田村
MF:22増本、 8中垣(後28'→ 2安東)、10実信、18樋口、17鶴見(後26'→14川田)
FW:27釜田、 7戸田

(出場しなかったサブ)
GK:21修行、DF: 6濱田、MF:13堀池、FW: 4下屋敷

(フォーメーション表)

ガイナーレ鳥取のスタメン
釜田佳吾 戸田賢良
鶴見聡貴 実信憲明
樋口大輝 増本浩平
  中垣雅博  
田村和也 青柳雅信
  山村泰弘  
  井上敦史  



<警告・退場>
鳥)22増本(後11'・警)
T) 6高林(後21'・警)

<審判団>
主審:大塚晴弘、副審:金田英司・河井敏行、第4審:鳥越 誠

<観客数>
887人

<JFL今季成績>
1勝5分4敗 勝点8 得点7 失点13 差−6
(不明部分は後ほど)


見てて、とにかく何をどうしたいのか
こちらにまるで伝わってこないって、どうですかね。

別にDFラインが高めに押し上げていくでもなく、
サイドハーフと連携を取って前掛かりにするでもなく、
戸田というターゲットマンを活かそうとするでもなく、
とにかく何がしたいのが、全然こちらに伝わってこないのが、
どうにも気になってしまいます。

結局、戦術、特に攻めのそれに確固たる軸がないんじゃないでしょうか。
だからいざこちらからビルドアップする際に
どうしてもまごついてしまうんじゃないかと。

とにかく前を窺ってガツガツ行ったらいいんじゃないですか。
釜田の同点ゴールだって、そういう形で生まれてるんですし。
そういうシンプル且つ大事な考え方が、
今のガイナーレには欠乏しすぎているような気がします。

恐らく、監督が何をしたいかを明確にしないから、
選手間でも戸惑いやお互いの思惑に齟齬が生じて
偶発的要素にしか得点機を見出せなくなってるんじゃないでしょうかね。

私にはそんな気がしてなりません。
posted by KAZZ at 21:51 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。