2007年04月30日

練習見学

試合のない日のガイナーレ鳥取は、
試合翌日のオフ日やアウェイ戦前日の移動日などを除くと、
だいたい午前中に練習をするんですが、
(午後は「復活!公園遊び」などを実施)
それはほぼ平日であって、
普段平日の昼の仕事をしている私には
とても見に行けるようなものではありません。

・・・が、今日は「昭和の日」の振替休日。
というわけで仕事は休み。
そこにもってきて、ガイナーレは今日の午前中を練習に充てる。

こうあっては、練習を見に行かないわけにもいきません。
早速練習見学と洒落込むことにしました。

場所は当初発表の中海ふれあい公園(島根県安来市)ではなく、
伯耆町総合スポーツ公園(鳥取県西伯郡伯耆町)でした。

急な場所変更で、しかも土地勘の薄い場所だけに
地図でリサーチこそしたけど大丈夫かなと思ったんですが、
行ってみると案外とわかりやすい場所にありました。

さて、私が当地に着いたのは
開始予定時刻である9:30の数分前。
普段はのんびりムードで選手も三々五々集まってくると思っていたら
既に選手は全員集合していて、ウォームアップのランニング中。
他に見学をすると言っていたサポ仲間の人たちは
まだ来ていなくて、どうしたらいいんだろうと思っていたら
ようやく1名やってきたので彼と一緒に練習場の中に。
その後、徐々に他の人たちも到着しました。

さて、肝心の練習はというと・・・


これと言って特筆するようなことはありません。
ウォームアップ後には2組に分かれた練習。
その後は全体で練習という具合でした。
前々日の敗戦があったせいか、キビキビした印象はあったんですが、
もう少しこう突っ込んだような、適度な緊張感があればな、
というようにも思いました。

気になる点としては、水口監督の態度です。
あの監督は練習に確かに来てるんですが、
これといって指示を出したりするわけでもなく、
グラウンドの端っこでウロウロしているだけ。
指示を出すのは主に若いコーチ(と、何故かその場にいたGM)。
監督は単なるお飾りかと思ってしまった次第です。

もちろん、これだけで水口監督のやり方が悪いとまでは言わないにせよ、
低迷している今、監督自身の口からズバッとカツを入れることがあっても
それはそれで悪くないはずなのに、と思ってしまいました。

結局、全体練習は正味120分程度で終わり、
ミニミーティング(ここでも監督は喋らず)があって、
それからは個人練習に移り、これが30分程度続いて終わりました。

なかなか練習を見る機会がないので
どんなもんだろうと思っていましたが、
それなりにしっかりやろうとしているのは窺えました。
ただ、少し前に書いたように、
もう少し自分たちを追い詰めるような、
いい意味での緊張感があってもいいのにな、と思いました。

まあでも、こういう形で練習を見られたこと、
試合とは違う雰囲気を味わえたことは良かったです。

また機会があれば、ぜひ練習を見てみたいものですね。
posted by KAZZ at 18:51 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。