2007年04月18日

最低限の目標は果たしたが・・・

北京五輪2次予選Bグループ@アブシーンスタジアム(ダマスカス)

北京五輪2次予選グループB 第4戦@ダマスカス
U−22シリア代表00-22U−22日本代表
0-0



26→1【替】
20→6【替】

10→30【替】
前07'
前17'
前43'
前48'
HT
後21'
後28'
後32'
後35'
後39'
後47'
【警】10梶山
【得】18水野
【得】8本田圭


【替】10梶山→15上田

【替】14家長→7増田
【警】12西川
【替】14カレン→13菅沼
【警】6青山敏


<得点>
CYL)なし
JPN)18水野(前17') 、 8本田圭(前43')

<U−22日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:12西川
DF: 3青山直、 4水本、 5伊野波
MF: 6青山敏、 8本田圭、10梶山(後21'→15上田)、14家長(後32'→ 7増田)、18水野
FW: 9平山、14カレン(後39'→13菅沼)

(出場しなかったサブ)
GK: 1山本海、DF: 2細貝、MF:16本田拓、FW:17李忠成

<警告・退場>
CYL)なし
JPN)10梶山(前07'・警)、12西川(後35'・警)、 6青山敏(後47'・警)

<U−22日本代表の2次予選での成績>
4試合4勝0分0敗 勝点12
この結果、最終予選進出決定。


う〜ん・・・。

勝ったのは良かったと思いますよ。
2次予選通過をこの試合で決めたというのも
それはそれでいいと思うんですよ。

ただ、ちょっと試合内容に問題が残った感じがします。

反町さんはこの試合に於けるこのチームに
いったい何を求めてピッチに送り出したんでしょうか。
そこがもう一つハッキリしませんでした。

ペースをつかめないシリアがモタモタやってる間に
うまいこと2点取って折り返せたからいいようなものの、
あれがもし前半0−0とかだったら、マズかったでしょう。

一番問題だなと思ったのは、
攻めたいのか、守りたいのか、その意識の切り替えが
実に中途半端にしか見えなかったことでしょうか。

当地は相当に暑かったと思うので
なかなか90分間元気に動き回るのは難しいとしても、
もうちょっとメリハリがあってもいいと思われるのに、
何かこう、のんべんだらりとやっているような、
特に後半に動きが明らかに落ちてきた頃になると、
ひたすら時間の経過だけを待っているような
そんな風に見えてしまったのが・・・。

勝ったことで最低限の目標は達成できましたが、
ただそれだけの試合だった、ということは言えますね。

個人的には、菅沼をもうちょっと長く見てみたかったですね。
できれば先発で使ってみてほしかったような気がします。
posted by KAZZ at 23:46 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。